子供の年齢別の悩み

2016/10/13

鬼ごっこやしりとり!5歳児に適した遊びの種類

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

鬼ごっこやしりとり!5歳児に適した遊びの種類

子どもにとって、遊びは身体的・精神的な成長の糧になる大切なものです。5歳になると、どんな遊びを始めるのでしょうか。ここでは、5歳児の成長の度合いに適した遊びの特徴や具体的な種類について説明します。

ルールに従う・手先を使う遊びができる

5歳児は公共マナーが理解できるようになる時期であり、ルールに従いながら友達と一緒に遊べるようになります。また、体つきがしっかりし手足に力強さが出る他、手先を器用に使う遊びにも対応できるようになるため、成長に合った遊び方を教えると良いでしょう。

5歳児に適した遊びの特徴を以下に挙げます。
・ ルールがある遊び
・ ごっこ遊び
・ 全身を使った遊び
・ 言葉遊び
・ 手先を使い、ものを作り上げる遊び

5歳児にお勧めの遊びのバリエーション

5歳児は、複数の友達と一緒にルールを決めて遊べるようになるため、鬼ごっこや缶蹴り、かくれんぼがお勧めです。ごっこ遊びは、女の子に好まれるおままごとやお人形さんごっこや、男の子にはアニメのヒーローになりきる戦いごっこが人気があります。

また、5歳児は手足の力強さが増すため、ドッジボールやサッカーなどボール遊びを楽しむようになる時期です。最初はボールに慣れるために、柔らかく大きめのボールをワンバウンドでキャッチする遊びからスタートしましょう。

言葉遊びは、しりとり・伝言ゲーム・連想ゲームがお勧めです。5歳児は言語能力やコミュニケーション能力、想像力が大きく発達する時期のため、知育にも役立つでしょう。手先を器用に使う遊びは、ブロック遊びや折り紙、お絵描きが適しています。想像力を働かせながらコツコツと作業したあとに完成すると、達成感を味わうことができます。達成感は自信につながるため、子どもの成長を後押しします。

男の子と女の子で遊びの好みが分かれるケースが多いため、子どもの性格や好みを踏まえた遊びを教えてあげましょう。

<まとめ>
5歳児は、手足の力強さが増し手先が器用に使えるようになる他、言語能力やコミュニケーション能力が発達する時期です。成長に合った遊びとして、ルールがある遊びやごっこ遊びの他、言葉遊びや手先を使ってものを作り上げる遊びが適しています。5歳児の成長のレベルに合った遊びや、子どもの性格・好みに合った遊びを教えてあげてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加