子供の年齢別の悩み

5歳児の成長に合わせたおすすめの製作

5歳になると手先が器用になり、折り紙を折ったり、ボタンのスムーズなかけ外しがとても上手になります。そのため、保育園や幼稚園で行う製作を自宅でも実践してみてはいかがでしょうか。今回は、5歳児の成長に合わせた製作について説明します。

手先が器用になる5歳児

5歳児になると手先が器用になり、以下のようなことができるようになります。

◆ハサミで曲がった形が切れるようになる
◆折り紙を折れる
◆指を1本ずつ曲げられるようになる
◆ボタンのかけ外しがスムーズにできる

作るものの幅が広がり、製作遊びも楽しめるようになります。

5歳児におすすめの製作

5歳児におすすめの製作は、ハサミを使用した製作です。ハサミが上手に使えるようになるため、円など曲線の多い形も切ることができます。5歳児になると時計を読めるようになり始めるため、カエルのパックン時計を作ってみましょう。

【材料】
◆画用紙
◆折り紙
◆のり
◆サインペン
◆ハサミ

【作り方の手順】
1.緑の画用紙をカエル型にカットします。
2.赤い画用紙はカエルの口の部分です。1より一回り大きくなるよう円状に切ります。
3.折り紙で小さな円を14個作ります。
4.3のうち2つはカエルの目になります。黒のサインペンで目玉を描き、緑の画用紙に貼ります。
5.残りの12個の円は文字盤になります。1~12の数を書き、2に貼り付けましょう。
6.カエルの口になるように、3と5を貼り合わせたら完成です。

季節を感じられる製作もおすすめ

製作を通して、子どもたちに季節の変化を教えることができます。四季によって咲く草花に違いがあることや、日本にある様々な行事を知るきっかけ作りにも製作は役立ちます。今回は夏の時期におすすめのアサガオの製作をご紹介します。

【材料】
◆花紙(2色)
◆セロハンテープ
◆ハサミ

【作り方の手順】
1.花紙は濃い色のものと薄い色の物を用意します。濃い色の物を2回折り、折り目を中心に扇形になるようにハサミでカットします。
2.薄い色の花紙も1と同様に2回折ります。1のサイズより一回り小さくなるよう、カットします。
3.2色の花紙を開き、円の中心が重なるように合わせ、2回折り込みます。
4.山折り、谷折りを繰り返し、蛇腹状になったら中心となる部分をセロハンテープで留めます。
5.花紙を広げ、壁に装飾します。

5歳児は自立心が芽生えてくる時期であり、なんでも自分でやりたいという欲求が常にあります。製作を行う場合は、5歳児が一人だけでも作れるものを選んでみましょう。


2016/10/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事