息抜き・小ネタ

2016/10/11

笑ってはいけないのにニヤけちゃう… 「失笑恐怖症」

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

笑ってはいけないのにニヤけちゃう… 「失笑恐怖症」

お葬式や別れ話などの真剣な場面や、相手が怒っていたり悲しんでいたりするときに、不謹慎だとわかっていてもニヤニヤしたり、笑いが止まらなくなったりすることはありませんか?
もしもそれが頻繁に続き、人間関係に支障をきたしているのであれば「失笑恐怖症」の可能性があります。
いったいどんな病気なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

「失笑恐怖症」とは

失笑恐怖症は、対人恐怖症のひとつで別名「笑い恐怖症」ともいわれています。
思い出し笑いや、何かを見つけて笑うのとは違い、笑ってはいけない場面だとわかってはいても笑いが止まらない症状のことをいいます。
その場の空気や重圧に負けて、面白くないシーンや、笑ってはいけないところで笑い、周囲から冷たい視線を浴びることがあるのも特徴です。

失笑恐怖症では主に次の症状があります。

・何もおかしくないのに笑いがこみあげてくる
・笑ってはいけない場面で笑ってしまう
・我慢すると余計に笑いが止まらない
・笑ってはいけない場面で笑うのではないかと恐怖に感じることがある
・笑ってはいけない場面で笑っている自分が、周りからどう思われるか不安になる

怒られている最中に噴き出し、「笑ってはいけない」と思うほど可笑しくなってしまうという悪循環に陥ります。失笑恐怖症は、神経質な性格の人に多くみられると言われています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加