手足口病

2014/07/26

娘が手足口病と診断されました 、元気にしているのですが保育園には登園させてよい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

娘が手足口病と診断されました 、元気にしているのですが保育園には登園させてよい?

夏の時期になると、保育園などで手足口病が流行します。お子さんが手足口病にかかってしまうこともあるでしょう。保育園に行かせてもよいかどうか、多くのママが悩むのではないでしょうか?「なるカラ」にも、お子さんが手足口病になってしまったママから相談が寄せられました。

3歳の娘を持つママの疑問:「手足口病の娘、医師に大丈夫だと言われたから保育園に行かせたのだけれど…」

娘さんが手足口病と判断されたママ。医師からは「保育園に行ってもいいですよ」といわれたものの、保育園では遠まわしに「来ないでほしい」と言われ、戸惑っているようです

3歳の娘が昨日から足にぶつぶつが出来て、今日の朝それが広がっていたので、皮膚科に連れて行ったところ、「手足口病でしょう」との診断を受けました。 娘は保育園に通っていたので、先生に「保育園には行ってもいいですか?」ときいたら、「行っても問題ない」といわれました。娘自身はとても元気だったので保育園につれていき、手足口病でしょうといわれたという旨を保育士さんに伝えたところ、預かってくれたのですが、どうやら一日中娘だけ隔離されていたみたいで、帰り際に遠まわしに「来ないでほしい」みたいなことを言われてしまいました。 手足口病になってしまったら、保育園には行かないほうがいいのでしょうか?

本来、手足口病は登園・登校禁止の病気ではありません

手足口病は、登園や登校が禁止される病気ではない、と看護師さんは言っています。

手足口病は、おたふく風邪やインフルエンザのような登園、登校禁止の病気ではありません。なぜかというと、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどなので、感染してはいけない病気ではないと考えられているからです。(看護師)
日本小児科学会は、「本症の発疹期にある患児でも、他への感染のみを理由にして登校(園)を停止する積極的意味はないと考える」としています。(看護師)

保育園の登園については明確な基準がない!保育園については医師や園によく相談しましょう

では、手足口病にかかってしまっても、保育園には行かせてもよいのでしょうか?症状は軽い場合がほとんどとはいえ、人にうつってしまう病気ですので、事前に医師や保育園によく確認することが大事だと看護師さんは言っています。

手足口病の感染経路として、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。特に、この病気にかかりやすい年齢(4歳ころまで)のお子さんが集団生活をしている保育園や幼稚園などでは注意が必要です。(小児科看護師)
手足口病は麻疹や水ぼうそうと違って、「出席停止」ではないので、絶対行っては行けない病気ではありません。ただし、保育園ごとにルールがあり、「手足口病は登園禁止」という保育園もありますし、「手足口病は休まなくてよい」という保育園もあります。医師に「登園は問題ない」と言われたとはいえ、保育園で「手足口病は登園禁止」というルールがあるのであれば、登園を控えた方がよいでしょうね。それぞれご家庭や園の事情がありますので、お子さんの体調を考慮しながら、個人的に保育園に相談されるとよいでしょう。(看護師)
お子さんの通う保育園の保育士さんは他のお子さんにうつってしまう可能性を考えて、可能な限り接触は防ぐべきとお考えになったでしょう。だから隔離のような状況になってしまったのかもしれませんね。(看護師)
手足口病は、いつから登園が可能かといった条件や期間が明確にされていません。医師に聞く事はもちろん大事なのですが、保育園側に何かしら基準があるかもしれませんので、登園する前に相談してみてもよかったかもしれません。(看護師)

手足口病の登園基準は園によって異なっているようです。医師や保育園に事前にしっかりと確認して、安心してお子さんを保育園に預けられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加