生理周期

長すぎる生理周期、このまま様子をみていて大丈夫?

女性の生理周期は、一般的に25日以上から38日以内が正常だと言われています。ところが中には、周期が短かったり逆に長かったりする人も。42日周期がずっと続いているが大丈夫かという相談に、看護師さんたちはどのように答えているのでしょうか。

生理周期についての相談:「生理周期が42日と長め。このまま様子をみていて大丈夫?」

昔から生理不順気味でしたが、ここ数年の間、生理周期が42日前後で安定しています。現在は3人目妊娠中で、この出産が終わればもう子供を作る予定はないのですが、このまま長い生理周期を放置してしまってよいものでしょうか。重い生理痛やPMS(月経前症候群)の症状があるわけではないのですが、この先更年期を迎えるにあたり、身体に不調をきたす原因にならないか心配です。(30代・女性)

基礎体温のチェックや、ホルモン検査を受けてみても

生理が39日以上の長い周期で起こることを、稀発月経(きはつげっけい)といい、ホルモンバランスの乱れが原因となっているようです。産後少し落ち着いた頃に、病院でホルモンバランスのチェックをしてもらうとよいかもしれません。

通常の生理周期は25日以上38日以内で、39日以上60日以内の周期は稀発月経とよばれています。生理周期が長いもしくは若しく短くなる原因は、生理に深く関わるプロゲステロンとエストロゲンというホルモンの乱れにあります。一生涯にティースプーン1杯ほどしか分泌されませんが量に反して大きな役割を持つホルモンで、女性の身体的・精神的なストレスに敏感に反応して、生理周期の変調をきたすことがあります。(内科看護師)
生理周期が39日以上の場合を稀発月経といいますが、卵巣の働きが弱くなり、ホルモンが不足していると考えられます。産後はホルモンバランスが崩れるので、産後の生理の経過をみて、できれば基礎体温をつけてホルモン検査を受けるとよいでしょう。(産科看護師)
出産後体質が変化することもあるので、その時々に応じて婦人科の医師に相談されるのもよいでしょう。きっとよいアドバイスがもらえると思います。(看護師)

将来的に様々な不調が起こる可能性がある

今はまだ生理痛が重いなどの症状はなくても、身体に不調を起こしやすいかもしれません。何かストレスになっていることはないかなど、ご自身の日常生活を振り返ってみることも大切です。

月経前症候群や強い生理痛がないと、今は特には不調を感じていないかもしれません。しかしご質問にあるように、稀発月経が起きているということはホルモンのバランスなどが乱れているということなので、将来的に女性ホルモンの不足による身体が起こりやすい状況といえるかもしれません。不調出産後、身体も暮らしも落ち着いたころに、日々どのようなことに負担やストレスを感じているか、食生活や生活のリズムなどご自身の心身に関心を傾けチェックしてみてください。(内科看護師)

今は特に体調に変化はないようですが、将来的に何かしら身体に不調を起こしやすい状態のようです。少し子育てが落ち着いたら、病院を受診して医師に相談してみるとよいかもしれませんね。


2015/02/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)