男性不妊

2016/10/23

漢方は効かないの?精子無力症の治療について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

漢方は効かないの?精子無力症の治療について

不妊は女性だけの悩みではありません。もし、ご主人が精子無力症と診断されてしまったら、どんな治療方法があるのでしょう。漢方が処方される場合もあるようですが、漢方は効果がないのでしょうか。

不妊に関する相談:「男性不妊の改善方法について」

夫は男性不妊で、精子が通常より弱いと言われています。何度検査しても同じ結果で、体調によるものではなさそうです。漢方を処方されていますが効果が見られません。クリニックによっては排卵誘発剤やサプリメントなどが処方されることもあるようですが、他にはどんな治療があるのでしょうか。(30代・女性)

男性不妊の原因と一般的な治療方法

男性不妊の原因の一つ「精子無力症」の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。精子無力症の原因についても、合わせて専門家に聞いてみましょう。

精子無力症は先天的な原因がほとんどですが、思春期におたふく風邪にかかって睾丸炎を起こしたことがあったり、前立腺炎を起こしたことがある、精巣に静脈瘤があるなどの場合にも精子無力症になる場合があります。(婦人科医師)
男性の不妊治療は原因にもよりますが、生活習慣の見直し、ホルモン剤や漢方薬での薬物療法、外科的治療があります。(婦人科医師)
精子の数はあっても運動率が悪い精子無力症の場合、タイミング法で妊娠できなければ、一般的には体外受精や人工授精が検討されます。(婦人科医師)
精子無力症の治療は薬物療法が中心ですが、精巣に静脈瘤ができる精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の場合は手術になります。 (婦人科医師)
漢方も治療方法の一つです。個人差もありますが、漢方は一般的な抗生剤や血圧の薬のように飲めばすぐ効果が出るという性質のものではありません。しばらく続けてみてください。(看護師)

こんな点にも留意してみて

治療方法は原因や病院の方針によっても異なるようですが、精子の状態の改善を目指して不妊治療を続けていくときは、以下のような点も心に留めておきましょう。

睾丸を圧迫することや、サウナなどで温めすぎることは避けてください。また、禁欲しすぎは精子の劣化につながります。定期的に射精して新しい精子を作るようにしてください。(婦人科医師)
病院での治療に頼らず規則正しい生活習慣を心掛けることや、食事にも気をつけていく必要があります。難しいかもしれませんが、できれば22時ごろには就寝できると最良です。生活習慣を正すことで精子の質も向上します。(看護師)
1年程度通院しても効果がなければ、病院の変更を検討してみてもよいかもしれません。不妊治療といっても、行う検査や先生の考え方はさまざまです。私は3つの病院に行き、最初の2つで1年ちょっと、3つ目の病院に1年ほど通ってようやく妊娠できました。 (看護師)

どうしても効果が感じられないようなら、病院を変えてみることも選択肢の一つです。まずは、現在の治療をしばらく続けてみることと、生活習慣や物理的環境の改善を目指していくのがよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加