おねしょ

小学5年の子が毎晩のようにおねしょ…いったい何が原因なの?

まだお子さんが小さい場合、就寝中のおねしょは珍しいことではありませんよね。しかし一般的に5~6歳ごろになると、夜間の膀胱機能が発達するため、自然におねしょをすることはなくなります。 しかし中には、小学校高学年になっても治らないおねしょがあり「夜尿症」と診断されます。その原因は何なのか、看護師さんや薬剤師さんからお話を聞くことができました。

甥っ子のおねしょについての相談:「小学5年の甥っ子が未だに毎晩おねしょをしてしまい、とても心配です…」

小学5年の甥子さんが、毎晩おねしょをしてしまうので、とても心配されているようですね。夜寝る前の水分摂取量に関係なくおねしょをするので、原因は他にあるとお考えのようですが…

現在小学5年生の甥っ子についての相談です。幼少期からよくおねしょをしていましたが、未だに毎晩のようにおねしょをするので、毎日おむつをして寝ているようです。飲み物を飲みすぎたかどうかに関係なく、寝るととにかく失敗してしまい、大量に飲んだ時はやはり量も多いみたいです。 実は、父親と母親の関係がうまくいっておらず、家庭内の不和によるストレスが、おねしょの原因になっているとは考えられないでしょうか?

子供の夜尿症は、精神的なストレスが原因で起こることも多いです

子供のおねしょは「夜尿症」といって、様々な原因が考えられますが、精神的に強いストレスがかかった場合、自律神経が上手く働かなくなり、夜尿症引き起こしてしまうことがあります。 おねしょが続くと本人のストレスが更にひどくなってしまう可能性があるので、なるべく早く、専門医に診てもらうことをお勧めします。

5~6歳を過ぎてからは「夜尿症」と言って、精神的ストレスが原因で起きることが多く、両親の不仲による家庭不和も夜尿症の原因の一つとして考えられます。(小児科看護師)
かかりつけの医師に相談の上(夫婦不和の件も含めて)早めに治療されることをお勧めします。(看護師)
夜尿症の原因として、ストレスは大いにあり得るでしょう。小学校5年生なら、今後修学旅行などで家以外で寝泊まりする機会も出てきますので、なるべく早いうちに専門医にかかり対応してあげてください。(管理栄養士)
夜尿症の原因は様々ですが、夜間の尿量が多いこと・夜間の膀胱容量が小さいこと・睡眠障害・心理的ストレスなどが挙げられます。長期にわたる夜尿は、お子さん本人にとってもストレスですよね。夜尿症の治療には、生活指導・薬物治療などがありますので、早めに専門医へご相談されることをおすすめします。(薬剤師)

甥っ子さんの夜尿症、心配ですよね。精神的ストレスが強いと、夜尿症になる可能性は十分にあるようですので、まずは甥っ子さんの夜尿症を治すことを一番に考え、病院を受診されることをお勧めします。


2014/07/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)