子育て

2016/10/17

子どもの顔を見たい・・・階段はリビングにつくるべきかどうか?一級建築士に聞いてみた

この記事の監修/執筆

一級建築士事務所 代表山崎 裕史

子どもの顔を見たい・・・階段はリビングにつくるべきかどうか?一級建築士に聞いてみた

階段はリビングを通るようにつくるべきかどうか?ママ読者からの質問

『小さな子どもが2人います。最近は階段をリビングに作る家が増えています。階段をリビングに作ると広さも確保できると思いますが、子供が大きくなって友達が来る場合を考えると私も少々気まずい気がします。でも、廊下を作って直接自分の部屋に上がれるとなると子供の表情が確認できなくなるのかなとも思っています。廊下を作るということはリビングも狭くなるのではと心配しています。何か良い案があれば教えていただきたいと思っています。』

一級建築士の山崎さんの回答

リビングの中に階段を作ると、家族の動きが見えて自然と賑やかな雰囲気が生まれてくる気がします。子供の友達と顔を合わせてしまうことが、お互い気を使ってしまいそうで心配だということですが、普通に挨拶し合うような関係がつくれる方がいいと思いますね。家の中はプライベートなものだからと見せたくないという人も多いですが、海外ではリビングは家族の空間であると同時に来客を向かえる場として考えられています。子供たちも家の中で大人と接することにより、人との接し方や社交性を身に付けているのではないでしょうか。

さて、小さな3階建ての家を設計したことがあります。この家では、家の中央に階段スペースがあって、リビングとキッチン・ダイニングを分けています。しかし、完全に分断されているのではなく、窓のようなものを開けて、リビング側の様子や階段を上り下りする家族の動きが把握できるようになっています。母親はキッチンやダイニングにいることが多いと思いますが、このような感じで間取りを工夫すれば、子供のお友達が来た時もそれほど気を使わなくて済むかもしれません。

 階段の配置や作り方で、その家の個性も変わってきます。また子供の記憶の場となることも多いです。より豊かな家族の生活のために、階段にこだわりを持ってみるのも面白いと思います。

写真<1>

2-1

写真<2>

2-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加