保湿

2015/02/21

皮膚科で処方されたワセリン。唇に塗っても害はない?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

皮膚科で処方されたワセリン。唇に塗っても害はない?

肌荒れなどで病院を受診すると、ワセリンが処方されることがあります。皮膚の乾燥を防ぐ効果がありますが、子供の唇にも塗ってよいと医師から言われた相談者の方。子供がよく唇を舐めるので心配するママに、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

ワセリンについての相談:「子供の唇にワセリンを塗った場合、舐めてしまっても平気?」

5才の娘は、冬の乾燥する季節になるとあかぎれができるため、皮膚科でワセリンをもらい指や手の甲に塗っています。クリームタイプなのであまり臭いはなく、塗った感じもハンドクリームと変わりません。皮膚科では唇につけても大丈夫だといわれましたが、本当でしょうか。食事の時に口に入る可能性もあるし、娘は唇をなめる癖があるので、皮膚科の先生が想定しているよりも多くのワセリンが口に入ってしまう気がします。(30代・女性)

ワセリンは安全無害。赤ちゃんにも使えます

口元に塗るとなると、体内に入ってしまう可能性が高いので心配になりますね。しかし、ワセリンの成分はほとんどが無害な油分で、安全性は極めて高いようです。赤ちゃんの顔にもよく使われているので、心配はないでしょう。

ワセリンの安全性はとても高く、なめても無害です。赤ちゃんの顔や口に塗るのにも多く利用されていて、舐めた場合でも自然に体外へ排出されます。(消化器科看護師)
ワセリンは、歯医者や口腔外科で処置後の唇にも使用するくらい、何も問題がない薬です。口に入る量が心配であれば、食後や就寝直前に塗るようにしたらいかがでしょうか。1日に何回塗っても害があるものではないですが、頻回に塗ったからといって効果が出るものでもないので、1日数回の塗布がよいでしょう。(内科看護師)
ワセリンに副作用はほとんどなく、リップクリームにも使用されていますから唇に塗っても問題ありません。ワセリンは油分がほとんどなので、皮膚に塗ることで油が酸化し油やけやシミになると言われていましたが、現在は品質が改良されてそのような問題はあまりないようです。塗るときは薄く塗ってあげてください。(産科看護師)

無添加のワセリンが多いので、清潔に保管して

ワセリンの多くは添加物が入っていないため、汚れた手で触れたりすると雑菌が繁殖する原因に。使用前は手をきれいに洗い、清潔に保管するようにしましょう。

ほどんどのワセリンは添加剤を配合していないので、汚れた手でワセリンを使用したり、蓋の閉め忘れなどで雑菌が繁殖しないように注意してください。一度開封したものは、早めに使い切るのがよいでしょう。(消化器科看護師)

ワセリンは赤ちゃんの顔や口にも使えるほど無害なので、安心して塗ってあげてくださいね。娘さんが唇を頻繁になめるようなら、看護師さんからのアドバイスにもあったように、就寝前などに塗ってあげるとよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加