人工授精の基礎

2016/10/29

35歳、人工授精実施中の夫婦生活について教えて!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

35歳、人工授精実施中の夫婦生活について教えて!

人工授精は不妊治療の方法のひとつです。不妊治療中の女性から、人工授精中の夫婦生活のタイミングについて相談がありました。看護師さんと臨床心理士さんはどのように答えているでしょうか。

妊活に関する相談:「人工授精実施中に夫婦生活を持つ場合、何日前に行うのが理想ですか?」

現在、妊活を開始して1年半の35歳の主婦です。2カ月前にタイミング法から人工授精に切り替えています。一度目の人工授精のとき、担当の先生から「今周期はいつ夫婦生活を持ちましたか?」と質問されました。精液内の精子量を確保するため、人工授精前には4日ほど禁欲が必要という認識でしたので、夫婦生活をもっていいのかと驚きました。人工授精実施中に夫婦生活を持つ場合、何日前に行うのが理想的でしょうか。(30代・女性)

禁欲期間はカップルによって異なる

禁欲期間は、担当するドクターやカップルによって違うようです。禁欲期間を設定する目安について教えてくれました。

人工授精前の禁欲期間をどれ位にするかはドクターによって、また各々のカップルによって異なるようです。精液量・精子濃度・総精子量に関しては禁欲期間が長くなるほど、多く濃くなります。精子の運動率・精子の正常形態率・総運動精子数に関しては、禁欲期間が長くても増えるわけではありません。そのため、男性側に精液量・精子濃度・精子数に関して問題があれば、人工授精前の禁欲期間は長くなります。(臨床心理士)

人工授精当日であれば、夫婦生活が可能

妊娠の可能性を高められるので、人工授精当日であれば夫婦生活が可能なようです。また、その際は男性側のプレッシャーを軽減するために、排卵日と知らせず行為を持つようアドバイスがありました。

人工授精では排卵前日、あるいは当日に濃縮した精子を注入することで妊娠する可能性が高まります。人工授精当日は排卵日であるため、従来のタイミング法同様に行為をもたれても構いません。人工授精自体の妊娠する可能性は、10%程度です。あわせて行為をもたれることで卵子と精子が出会う可能性も高くなるので、人工授精をしているからと行為を禁止する必要はありません。(看護師)
男性はプレッシャーを感じることで性欲が減退してしまうので、義務的でなく排卵日と知らせずに行為に臨んでみてはいかがでしょうか。いくつか説がありますが、隔日程度がもっとも精子の状態がいいともいわれています。(看護師)

禁欲期間はカップルによって設定期間が変わります。人工授精の当日は排卵日に当たるので、確率を高めるために夫婦生活をもっても良いようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加