陰部のトラブル

陰部周辺にフケと痒みが!いったい何が原因なの?

陰部周辺などデリケートな部位は、人に相談しにくい悩みも多いですよね。岩盤浴に行ってから陰部周辺が痒く、病院を受診したものの特に異常はないと言われた相談者の方。原因が分からず悩んでいますが、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

陰部周辺の痒みについての相談:「陰毛の部分が痒くフケまで出ますが、原因がわかりません」

2年位前なのですが岩盤浴をした翌日、陰毛部分に痒みを覚え我慢できずに掻いてしまうと、フケのようなものが出てきました。婦人科で診てもらうと陰部は何も異常がないとのことで、皮膚科にも行きましたが結局原因は分からず、陰毛を剃って処方された薬をつけたら2日位で治りました。しばらく何もなかったのですが、最近また症状が現れ、もしかしてボディーソープが合わないのかなとも思いましたが、何が原因なのでしょうか(40代・女性)

岩盤浴で細菌に感染した可能性も

細菌の種類によっては、一時的に症状が治まったとしてもしつこい痒みが続くことがあります。再度皮膚科を受診して、痒みの原因をきちんと調べてもらってはいかがでしょうか。

岩盤浴の後だとすると、白癬菌(はくせんきん)の可能性もあります。これは水虫と同じ菌なので、一旦症状が治まっても繰り返すことがあり、根気強く治療しなければなりません。痒み止めで痒みが治まっても根本的な治療にはならないので、皮膚科できちんと検査することをお勧めします。(婦人科看護師)
一時的に陰部の周辺にだけ、細菌感染があったのかもしれません。マイコプラズマなど陰部周辺につきやすい細菌もあるので、岩盤浴で汗をかいたままにせずシャワーで流す、生理中はこまめにナプキンを交換するなど、肌が不衛生にならないように気をつけてみてください。(内科看護師)
衣類・タオル類などきれいなものとはいえレンタルですし、岩盤浴でかく汗は肌がしっとりするため、流さずそのまま帰宅することもありますが、肌が弱い人だと心配です。できればシャワーで、陰部周辺だけでも流してから帰宅することをおすすめします。(内科看護師)

ちょっとした刺激や蒸れなどに注意して

陰部周辺はとてもデリケートなので、ちょっとした刺激でも痒くなることが。また、生理中などの蒸れやすい環境も肌に刺激を与えるので、できるだけ通気性をよくすることが大切です。

陰部周辺は他の皮膚に比べて皮膚が薄いので、少しの刺激や肌に合わないものをつけるだけでも敏感に反応してしまいます。陰部周辺だけでもボディーソープを変えてみてはいかがでしょうか。(内科看護師)
入浴の際、強くこすって洗うと皮膚を傷めますので、洗いすぎには注意してください。(産科看護師)
陰毛部の痒みのみならず、フケのようなものがある場合は毛じらみを疑いますが、皮膚科で何もないと言われたのならただの皮膚炎を起こしているのかもしれません。ショーツやナプキンによる蒸れなども皮膚の刺激になるので、通気性をよくしてみましょう。(内科看護師)

岩盤浴のように、不特定多数の人が利用する狭い場所では、何らかの雑菌に感染してしまう可能性も否定できません。蒸れなどに注意し清潔を保っても治らない場合は、再度皮膚科を受診して、詳しく調べてもらった方がよいかもしれませんね。


2015/02/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)