便秘

妊娠中の便秘…薬を飲んでもだいじょうぶ?

おつうじの悩みを薬で解消している人は少なくありませんが、妊娠したらやはり薬は心配です。でも頑固な便秘になってしまった時にはどうしたらよいのでしょうか?専門家のみなさんはどんな回答を寄せてくれたでしょうか。

プレママからの相談:「便秘薬は赤ちゃんに影響ありますか?」

若い頃から便秘がちでずっと市販の便秘薬を使っていましたが、妊娠してからは食事での解消を心がけています。本当につらい時だけ薬を飲んでいましたが、最近体調が悪く、料理が作れずに薬に頼ることが増えています。赤ちゃんに悪影響がないか心配でたまりません。大丈夫でしょうか?(20代・女性)

便秘は赤ちゃんにも悪影響。市販薬より病院で処方してもらった薬を。

便秘をガマンしたり、いきんでしまったりするのも赤ちゃんに悪影響となるようです。薬を飲む時は病院で処方してもらうのがよいとの意見が寄せられました。

妊婦さんの便秘は腸内にたまったガスが血液内に溶け込み、赤ちゃんにも送られてしまいます。食事で対策できない時に薬に頼るのは仕方ないものの、長期の下剤の服用は腸の動きを悪くし、さらに便秘になりやすくします。(産科・婦人科看護師)
妊娠中は便秘になりやすいものですが、便秘でいきむと子宮口に力が加わりますし、痔や脱肛になる可能性もあって危険です。(一般内科看護師)
産科でも下剤を処方することは多く、病院から処方された下剤を飲むこと自体、赤ちゃんに影響はありません、ただ市販の下剤には妊婦にあまり好ましくない成分が入っている可能性があります。産科の主治医に相談して妊娠中でも安心な下剤を処方してもらいましょう。(一般内科看護師)
飲み薬が心配なら座薬や浣腸もあります。主治医に相談してみてください。(産科・婦人科看護師)
市販の便秘薬でセンナなどの刺激の強いものは副作用も強く、中には子宮を収縮させる作用のものもあります。マグネシウム系か、できれば病院で処方した薬の方がよいでしょう。(産科・婦人科看護師)

身体を冷やさずトイレはガマンしない。便秘にならない生活習慣を身につけよう。

もっともよいのは便秘にならない生活習慣を身につけることとの意見もありました。食事だけでなく、日常の中でのちょっとした気遣いを心がけていきましょう。

食事量が減れば便の量も減り、便秘になります。食べられる時に食べるようにし、繊維質の多いものを摂るようにしましょう。(産科・婦人科看護師)
サツマイモやジャガイモをゆでて冷凍しておけば、いつでも食べられます。ヨーグルトを常備し、果物と一緒に食べるのもよいです。特にプルーンは妊婦さんにオススメです。(産科・婦人科看護師)
水分不足も便秘の原因です。適宜、水分をとるようにしましょう。ゴボウ茶は食物繊維もとれますし、利尿作用もあってむくみ予防にもなります。効きすぎて下痢になることもあるので飲みすぎに注意してください。(産科・婦人科看護師)
下半身を冷やさない、オナラをガマンしない、便意を感じたらすぐトイレに行くなど心がけましょう。ガマンすると便が硬くなり、便秘になります。(産科・婦人科看護師)

妊娠中は薬は避けた方がよいとはいえ、便秘が解消できない時はガマンせず、病院から処方された便秘薬を飲むのがよさそうですね。これを機に便秘にならない生活習慣を目指しましょう。


2015/02/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)