パーマ・カラーリング

妊娠中の美容院…控えるべき?カラーやパーマはよくない?

妊娠中の美容院はよくないという話を最近よく耳にします。美容院で使われる薬剤が胎児に悪影響を与えるというこのウワサ、はたして本当なのでしょうか。専門家からは興味深い意見が寄せられました。

プレママからの相談:「妊娠中は美容院は控えるべきですか?」

18週の妊婦です。パーマ液やカラーリング液がよくないとか、美容院は7か月までに行っておくべきなどの意見をネットで見ました。私は5ヶ月の時に美容院に行き、次は出産予定日の1ヶ月前くらいにカラーやカット、パーマをしようと思っています。出産後はなかなか美容院に行けないと思うので今のうちに行っておきたいのですが、妊娠中に美容院は控えた方がいいのでしょうか?(40代・女性)

パーマやカラーが胎児に影響を与えるという話に医学的根拠なし。

妊娠中はつい神経質になってしまうものですが、パーマやカラーが影響を与えるという根拠はないとの意見が寄せられました。

パーマやカラーが胎児に悪いという話に根拠はないですよ。美容院で長時間、同じ姿勢で座っていることがお腹の負担になったり、液の臭いで気分が悪くなったりするので控えた方がよいということだと思います。(産科・婦人科看護師)
パーマやカラーリングの液が髪に染みて身体に吸収されるということは考えにくいですね。髪に付着したものが体内に吸収されるなら、整髪剤や育毛剤、シャンプーやコンディショナーなども健康に害を及ぼすことになりますが、そんなことはないですよね。(一般内科看護師)

妊婦ならではの注意は必要。美容院に妊娠中と伝えて。

とはいえ、やはり妊娠期ならではの注意は必要です。お腹や腰に負担がかからないよう工夫をしましょう。

妊娠中は肌が敏感になったり、長時間同じ姿勢でいるのが辛くなることはあります。自分で体調と肌の調子を観察しながら、途中で休憩するなどの工夫をしてください。(一般内科看護師)
妊娠中は皮膚が敏感になっていてパーマ液などでかぶれやすいため、事前に妊娠していることを伝えておくといいでしょう。(産科・婦人科看護師)
座る時はクッションなどを借りて、腰に負担のないようにしてください。途中で気分が悪くなったり、お腹が張るようでしたら、休ませてもらうようにしましょう。(産科・婦人科看護師)
下半身が冷えないように、ブランケットなどを準備していくか、借りるようにしてください。(産科・婦人科看護師)
確かに出産後はなかなか美容室に行くことはできなくなると思います。体調のいい時に行くようにしてください。(産科・婦人科看護師)

妊娠中、美容院で気をつけなければならないのは薬剤の影響ではなく、長時間同じ姿勢でいなければならないことのようです。美容院に妊娠中であることを伝え、途中で休憩をはさむなど対応してもらえないか相談してみるのがよさそうですね。


2015/02/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)