骨盤腹膜炎

2016/10/28

感染が拡大する骨盤腹膜炎の症状とは?

この記事の監修/執筆

産婦人科専門医/女医プラス今井 愛

感染が拡大する骨盤腹膜炎の症状とは?

下腹部痛や不正出血などの症状が現れた場合は、卵巣や子宮、腹腔内などに異常が起きている可能性があります。自覚症状から原因を特定することはできないので、症状が現れた場合はすぐに病院で検査を受けましょう。今回は、骨盤腹膜炎の症状について解説します。

骨盤腹膜炎とは

骨盤腹膜炎は、細菌が膣内に侵入して上行感染(下から上に向かって感染が広がる)を起こし、腹膜内へと炎症が広がることで発症します。

症状が現れるタイミングと症状

月経が終わる頃や月経終了後の2~3日後に症状が現れることが多いようです。初期症状は疼くような痛みで、膣から不正出血や悪臭を伴う異常な性状の分泌物などが出ることがあります。感染が拡大するにつれて下腹部痛が激しくなり、微熱や吐き気、嘔吐などを伴うこともあります。症状が進行すると震えを伴う発熱や、黄緑色の膿のようなおりものが分泌されます。また、性交時や排尿時に痛みを訴える方もいるようです。

症状が現れないことがある

骨盤腹膜炎を起こしても症状が現れない場合があり、そのまま感染が拡大して肝周囲炎へと進行することがあります。肝周囲炎は肝臓の周囲に炎症が起こる病気で、激しい上腹部痛や下腹部痛、右季肋部痛(脇腹の少し上辺り)などの症状が現れます。

骨盤腹膜炎を起こす前に発見することが大切

骨盤腹膜炎はクラミジアや淋菌などに感染することで、膣炎や子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎を経て発症します。骨盤腹膜炎を起こす前の段階で発見して治療を受けることが大切です。しかし、いずれの部位に炎症が起きた場合も、軽い下腹部痛や不正出血、おりものの増加などの症状しか現れないことが多いため、発見が遅れることが多いようです。おりものは女性ホルモンの影響を受けて性状や量が変わるため、クラミジアや淋菌感染を疑える材料になり得ません。不正出血は病気を疑う症状であるため、少量の不正出血でも必ず病院で検査を受けましょう。

まとめ

骨盤腹膜炎を起こすと、下腹部痛や不正出血などの症状が現れます。更に感染が拡大すると下腹部痛が強くなります。肝臓の周囲にまで炎症が広がると、激しい上腹部痛が起こることもあります。また、骨盤腹膜炎を起こす前に子宮内膜や卵管に炎症が起き、下腹部痛や不正出血などの症状が現れます。骨盤腹膜炎まで進行する前に発見して、治療を受けることが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加