子宮内膜炎

2016/10/28

流産や早産の危険を伴う子宮内膜炎の原因

流産や早産の危険を伴う子宮内膜炎の原因

子宮内膜炎は、流産や早産の原因の1つです。様々な細菌が子宮に侵入することで引き起こされます。また、少量の不正出血や軽い下腹部痛などの症状しか現れないことがあり、気づかないうちに進行していることもあります。今回は、流産や早産の危険を伴う子宮内膜炎の原因について解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加