子宮内膜炎

2016/10/28

流産や早産の危険を伴う子宮内膜炎の原因

この記事の監修/執筆

産婦人科専門医/女医プラス今井 愛

流産や早産の危険を伴う子宮内膜炎の原因

子宮内膜炎は、流産や早産の原因の1つです。様々な細菌が子宮に侵入することで引き起こされます。また、少量の不正出血や軽い下腹部痛などの症状しか現れないことがあり、気づかないうちに進行していることもあります。今回は、流産や早産の危険を伴う子宮内膜炎の原因について解説します。

子宮内膜炎の原因

子宮内膜炎は次の2つに分類されます。

(1)産褥性
胎盤や卵膜(胎児を包む膜)が子宮内に残存していたり、子宮内処置などが原因で膣から上方感染(下から上に向かって感染が進行する)を起こして発症します。原因菌はブドウ球菌や大腸菌、連鎖球菌、嫌気性菌、腸球菌などです。

(2)非産褥性
子宮内膜生検(子宮内膜の組織を採取して検査する)、卵管造影検査(カテーテルという細い管を子宮内に挿入し、カテーテルの先端から造影剤を注入する)、卵管通水検査(子宮口から生理食塩水を注入し卵管の通過性を確認する)などを行った後に発症するタイプです。また、性交渉によりクラミジアや淋菌に感染後、上行感染(下から上に向かって感染が拡大する)をして発症する子宮内膜炎も非産褥性です。骨盤腹膜炎が下方向へと拡大することで子宮内膜炎を引き起こすこともあります。

閉経後や分娩後に発症しやすい

月経で子宮内膜が剥離するため、軽度の子宮内膜炎の場合は月経を繰り返すことで自然に治ることがあります。また、軽度の場合は目立った自覚症状が現れない場合があるため、知らない間に発症、治癒している可能性があります。閉経後や分娩後は月経が起こらないため、子宮内膜炎が悪化して症状が現れることが多いようです。

加齢が原因で発症することがある

妊娠や流産、人工中絶後は子宮頸管が開いています。そのため、細菌が子宮内へと侵入しやすい状態です。また、更年期や老年期には女性ホルモンの分泌が低下するため、細菌が侵入して炎症が起こりやすくなります。

子宮筋層炎へと進行する

子宮内膜の深部には子宮筋層があります。子宮内膜炎が子宮筋層へと拡大し、子宮内膜筋層炎を起こすことがあります。子宮内膜炎で起こる下腹部痛や発熱などの症状が亢進し、内診する際に著しい子宮の圧痛を感じることがあります。

まとめ

子宮内膜炎はクラミジアや淋菌、大腸菌や連鎖球菌、ブドウ球菌など様々な細菌によって引き起こされます。子宮筋層に炎症が拡大すると、下腹部痛や発熱などの症状が悪化することがあります。進行すると骨盤や腹膜へと炎症が広がる可能性があるので、早期に治療を開始することが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加