子宮内膜炎

2016/10/28

炎症が拡大していく子宮内膜炎の治療法とは?

この記事の監修/執筆

産婦人科専門医/女医プラス今井 愛

炎症が拡大していく子宮内膜炎の治療法とは?

膣に炎症が起こると、上行感染(下から上に向かって感染が拡大していく)によって子宮頸管、子宮内膜へと炎症が拡大していきます。治療を怠ると下腹部痛が増大することがあります。今回は、炎症が拡大していく子宮内膜炎の治療法について解説します。

子宮内膜炎の治療

子宮内膜炎は、クラミジアや淋菌、大腸菌や連鎖球菌、ブドウ球菌などに感染して発症します。検査で原因菌を特定できた場合には、その菌に有効性がある抗生剤を使用して治療します。原因菌が特定されるまでは、複数の細菌に有効性がある抗生剤を使用します。原因菌を特定した後は必要に応じて抗生剤を変更します。また、炎症が強い場合は消炎剤を使用することもあります。

流産や分娩後に起こることがある

子宮内膜炎は、流産や分娩後に子宮内に残存した卵膜や胎盤などが原因で起こることがあります。この場合は、子宮収縮薬で子宮内の残存物の排出を促すことがあります。また、子宮瘤膿腫という膿が溜まっている場合は、子宮頸管を開けて膿を排出させる処置を行います。

子宮内膜炎の予防

子宮内膜炎の前に膣炎や子宮頸管炎を起こしている場合があります。子宮内膜炎を予防するためには、それらの部位で炎症を食い止める必要があります。下腹部痛や不正出血、おりものの異常など の症状が現れた場合は、検査を受けることをおススメします。

また、細菌感染を防ぐために次のような対策をしましょう。

(1)綿素材の下着を着用する
綿素材は通気性が良いため、細菌が繁殖しにくいといわれています 。

(2)局部を清潔に保つ
排尿、排便の際にはお尻を前から後ろに拭きましょう。後ろから前に向かって拭くと、肛門に付着している大腸菌などが膣に付着し、体内へ侵入してしまう恐れがあります。

(3)コンドームを使用する
コンドームには、性器に付着した細菌が膣内から体内へ侵入するのを防ぐ役割があります。

(4)性行為の前後にシャワーを浴びる
膣の周りに付着した細菌が膣内へと押し込まれる可能性があるので、性行為の前後にはシャワーを浴びましょう。

まとめ

子宮内膜炎の治療には、原因に応じて抗生剤や子宮収縮薬などを使用します。また、子宮内に膿が蓄積されている場合は膿を排出させる処置が必要です。子宮内膜炎を放置すると、骨盤、腹膜などへと炎症が拡大する恐れがあります。症状が現れた場合はすぐに検査を受けて、早期に治療を開始することが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加