子宮内膜炎

2016/10/28

早期に発見することが望ましい子宮内膜炎の症状とは?

この記事の監修/執筆

産婦人科専門医/女医プラス今井 愛

早期に発見することが望ましい子宮内膜炎の症状とは?

子宮内膜炎は膣炎や子宮頸管炎を経て発症します。子宮内膜炎は誰でも発症する可能性があるので、症状についてしっかり確認しておきましょう。今回は、早期に発見することが望ましい子宮内膜炎の症状について解説します。

子宮内膜炎の分類

子宮内膜炎は、子宮の内側にある子宮内膜に炎症が起こる病気です。子宮内膜炎には、次のような種類があります。

(1)急性子宮内膜炎
高熱や下腹部の激痛、排尿時や排便時の腰痛などの症状が現れます。原因となる菌によって現れる症状が異なります。

(2)慢性子宮内膜炎
子宮内膜は月経の度に剥がれるため、何度か月経を繰り返すことで子宮内膜炎が自然に治ることがあります。しかし、生理不順や無月経などの理由で炎症が慢性化すると、子宮筋層へと炎症が拡大します。高熱や下腹部の激痛などの症状は現れないことが多く、不妊症や無月経を招くことがあります。

(3)老人性子宮内膜炎
加齢と共に女性ホルモンの分泌が低下すると、子宮の自浄作用が低下し、これまで侵入を防いできた様々な細菌が子宮内に入りやすくなります。また、子宮口や子宮頸管が狭くなり、子宮内に膿が溜まることがあります。これを子宮溜膿腫といい、けいれんや下腹部痛が現れることがあります。

子宮内膜炎の診断

子宮内膜炎が疑われる場合は、次のような検査を行います。

(1)既往歴の確認
(2)内診で子宮体部の圧痛を確認
(3)子宮内溶液の培養による菌の検出
(4)経腟超音波検査で腔内液体貯留が原因で起こる内腔拡張の確認
(5)血液検査で白血球の増加を確認

子宮内膜炎の進行

子宮内膜炎は、細菌感染による膣炎から始まり、子宮頸管炎を経て発症することがあります。これは、下から上に向かって感染が拡大する上感染によるもので、子宮内膜に感染した細菌が更に拡大し、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎へと進行することがあります。子宮内膜炎の症状には個人差があり、緊急性を自覚できない程度の症状しか現れないこともあります。不正出血や下腹部痛、排便痛や排尿痛などの症状が少しでも現れた場合は、すぐに病院を受診しましょう。

まとめ

子宮内膜炎には急性と慢性、老人性があります。それぞれ症状の現れ方が異なりますが、どれか1つでも症状が該当した場合は検査を受けることをオススメします。子宮内膜炎は卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎へと進行する可能性があるため、早期に治療を開始することが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加