おりもの

高温期のおりものが多くて水っぽい…何かの異常が?

おりものの様子に変化が見られ、心配しているという相談が寄せられました。高温期に水っぽいおりものになるようですが、病院に行ったほうがよいのでしょうか。専門家の皆さんの意見を聞いてみましょう。

おりものについての相談:「生理前の高温期中のおりものが気になります」

3カ月くらい前から、生理前の高温期中のおりものが気になります。水っぽいおりもので、おりものシートを使用しないとショーツが汚れるくらいです。以前は白っぽいというかポロポロした感じだったので、体調の変化か何か異常があるのか不安に思っています。出血はなく病院には行っていません。高温期中だけなので、その時期だけ気になるのですが受診が必要でしょうか。何か改善方法はありますか。(40代・女性)

排卵期に水分量が増えるのは正常です

生理と生理の中間である排卵期におりものが水っぽくなるのは、精子の進行を助けるためで、正常な現象とのことです。ホルモンバランスの関係で、生理前に量が増えるケースもあるようです。

おりものは生理周期によって、量や状態が変化します。おりものの色は透明~白っぽいのが通常です。排卵期になると精子が侵入しやすいように粘り気が弱まり、少しとろみのある透明に近い状態で量が増えます。排卵から生理前(高温期)に妊娠していなければ、細菌の侵入を防ぐために粘り気が強くなり、白っぽい色で量は減少していきます。ホルモンの影響で、生理前にもおりものが増える場合もあります。(産科医師)
おりものには膣内に潤いを保ち、雑菌などから守ってくれる働きがあり、おりものが出ること自体は正常な状態です。なお、おりものの量や状態は、ホルモンのバランスによって変化しています。特に卵胞ホルモンが、おりものの分泌と密接に関わっています。卵胞ホルモンは排卵期に多くなるため、生理と生理の中間位の時期(相談者様の場合も、この時期かと考えます)におりものが増えることは、正常な反応だといえます。(臨床心理士)

量や色、臭いに異常があれば受診も検討を

量がいつでも多い・非常に多い、あるいは色や臭いがおかしい場合は、病気や異常のサインと考えられます。このような場合は早めに受診しましょう。

高温期だけでしたら心配ないと思いますが、生理周期に関係なくおりものの量が多い場合は、検査を受けた方がいいでしょう。また、黄色~緑色や臭いを伴うようでしたら、感染症が疑われますし、カンジダ膣炎の場合は白くポロポロしたおりものになります。(産科医師)
おりものシートでカバーできないほどの量が出たり、ヨーグルト状でボソボソしていたり、膿のような黄色や鼻水のような黄緑色だったり、ピンク色や茶色だったり、腐ったような強い臭いがする場合には、何らかの異常が予測されます。受診されることをお勧めします。(臨床心理士)

排卵期におりものが水っぽくなり量が増えるのは、精子の進行を助けるための正常な現象です。ただし、時期にかかわらず量が多い場合や、色や臭いがおかしい場合には、病院で検査を受けたほうがよいようです。


2016/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)