おりもの

産後の生理再開後、排卵時期のおりものが茶色やピンクに

出産後1年になるママから、おりものの色についての相談です。毎月排卵時期の3日ほど、おりものがピンクや茶色になるのはなぜかという悩みに対し、専門家の皆さんはなんとアドバイスしているでしょうか。

ママからの相談:「産後のおりものがピンクや茶色になります」

現在出産して1年が経とうとしています。出産後3カ月目から毎月生理は来るのですが、排卵時期になると下腹がドンと痛くなり、おりものがピンクや茶色になり3日くらい経つと色はなくなります。不安になり調べてみると、排卵が原因で出血するのはよくあること、毎回ではないと載っていましたが、私の場合は毎月排卵時期におりものがピンクや茶色になります。一度診てもらった方がいいのでしょうか。(30代・女性)

排卵出血は個人差が大きく、自然な現象です

排卵時期に少量の出血があること、また痛みが伴うことは自然な現象であり、異常ではないようです。

排卵時出血の原因は、卵子が放出される時に卵巣の表面が傷つくことや、排卵期のホルモンの変化で子宮内膜が剥がれることが考えられます。毎月起こる方もいれば、半年に1回、年に1回、また全くない方もいます。(産科医師)
排卵時出血は、次の理由で起こります。まず排卵期には、女性ホルモンのバランスが崩れます。女性ホルモンのバランスが崩れることによって子宮内膜が少し剥がれるため、出血が起こります。排卵する際には卵が卵巣の表面を破って出てくるのですが、この時に出血が起こります。なお、卵巣の表面が破れた衝撃を痛みとして感じることもあるのですが、これが排卵痛です。(臨床心理士)
これらの現象は自然なことで、何ら心配する必要はありません。従ってご相談者様の状態も、ごく自然なことだと思われ、受診する必要はないと考えます。(臨床心理士)

基礎体温を測って正確に状態を把握しましょう

排卵時出血であれば心配ないのですが、確実に排卵時出血であると断定するには、基礎体温を測って排卵日を把握することが必要です。

生理と生理の間の出血、また色だけでは出血の種類が判断しにくいので、確実に見極めるために基礎体温を測るとよいでしょう。基礎体温が2相に分かれて低温期から高温期に移行する時に出血があれば、排卵時出血と思ってよいでしょう。基礎体温を測ることで排卵日や生理周期が把握できますし、次のお子さんをお考えでしたらタイミングを図ることもできます。(産科医師)

排卵時期におりものに少量の出血が混じることは異常ではなく、排卵出血と呼ばれる自然な現象です。毎月起こる人から全くない人まで個人差が大きく、心配する必要はありません。ただし、確実に排卵出血かどうか判断するためには、基礎体温を測り排卵日を正確に把握することが必要です。


2016/11/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)