新商品

親子のコミュニケーションを育む新商品、資生堂が開発

ママたちの子どもとの悩みに応え

資生堂は女性や、子ども向けの商品の開発に力を入れていますが、この度、忙しく働くママ・パパと子どもが「朝」と「夜」の一緒に過ごせるわずかな時間の中でコミュニケーションを生むきっかけとなる3つの商品を開発しました。

今回同商品を10月28日(金)から11月6日(日)まで東京ミッドタウンで開催される「暮らしになじむ LOHACO展 2016」に展示します。

3つのアイテムを使って、幸せの時間を

「おやすみかおり絵本」はイラスト、色、ストーリーと各ページに隠された香りで、子どもの想像力を育み、親子の会話を引き出す絵本です。おやすみ前のよみ聞かせに使えば、“おやすみ”の言葉とともに ゆっくりとした触れ合いの時間をつくりだします。

日やけ止め乳液である「いってきますサンスクリーン」は、子どものデリケートな肌を紫外線から守るノンケミカルサンスクリーンです。かわいい絵本から飛び出したような容器に入っていて、「玄関」のフックに掛けられるデザインなので、忙しい中でも“いってきます”と楽しいお出かけの時間をつくりだします。

洗顔シートである「おはよう洗顔シート」は、子どもの洗顔を気にする余裕もない朝に寝起きの汚れを優しくふき取ってくれます。葉っぱの形が「寝室」で“おはよう”の言葉とともに、 抱き起こしながら肌に触れる優しい時間をつくりだします。

参考サイト

資生堂のニュースリリース


2016/11/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部