地域情報

LINEが福岡市と子育て情報など行政の情報発信強化についての協定を締結

今後、ユーザーが欲する行政の情報をLINEで得られるよう検討していく

10月24日に、LINE株式会社が、福岡県福岡市と情報発信強化に関する協定を結んだことを発表しました。

同社が提供しているLINE@において、福岡市は2012年から同市のアカウント「@fukuokacity」を取得し、市民向けにPM2.5基準超過予測といった環境情報の提供を行っていましたが、今回の協定が結ばれたことで、今後はユーザーが福岡市のLINEアカウントから子育てや防災といった環境以外の分野から欲しい情報を選んで、情報を得ることができるような仕組み作りを検討していくことが発表されています。

LINEでは、福岡市以外の自治体とも連携を積極的に行っていく意向

今回の協定については、主に前述した福岡市の情報発信に関する充実を図ることと、協定の目的を達成するために必要となる取り組みに関することが話されています。

また、今後、福岡市のLINEアカウントを友だちに追加することで、LINEキャラクターが福岡市の名物や同市の魅力をPRするLINEスタンプ「福岡市×LINE FRIENDS」が無料で提供される予定です。

LINEでは、スマートフォンを利用したコミュニケーションだけでなく、生活インフラを担う会社として、自治体との連携に力を入れています。今回は、福岡市との議論により、市民サービス向上や地域活性化において、情報発信の強化という方向性の一致が見られたことで協定が結ばれるにいたりました。

同社では、今後福岡市以外の自治体についても連携や支援を行っていく予定です。

参考サイト

LINEプレスリリース


2016/11/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部