調査・アンケート

子供の歯磨きは重要!でも十分な歯磨きできてる?

子供の歯磨きの回数は?

子供の歯の仕上げ磨き。やっているつもりでも、小さい歯に虫歯を発見すると落ち込んでしまいます。ウィステリア製薬株式会社は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に住む1歳から3歳の子供と同居する女性を対象に、「子供の歯磨きに関する調査」を実施。

歯磨きの重要性を認識しているが、十分な歯磨きをできていないと実感している人が多くいました。1日に行う子供の歯磨きの回数は「1回」が54.3%、「2回」が35.4%という結果でした。

また、1回あたりの歯磨きにかける時間は「1分以上2分未満」が最多の38.1%で、「1分未満」が27.9%と2番目に多い数字となっています。よく歯磨きにかける時間は3分と言われていますが、3分以上かけて磨いている人は、約1割と非常に少ない結果に。

子供の歯磨きは重要が9割超

全体的に歯磨きの回数や時間は、世間で言われているより少ない数字になっています。ですが、子供のために歯磨きが重要であると考えている人は、全体の97.7%にも挙げられました。

重要性を認識しながらも、「適切な方法で十分にできているかわからない」が67.9%、「適切な方法で十分にできていない、もしくは行っていない」が20.4%と、十分な歯磨きができていないと思っている人は約9割でした。

その理由として、73.7%の人が「子供が嫌がる」と回答。「時間がなく、十分な時間を割けていないから」と回答した人は、有職者の31.8%が最多でした。子供のイヤイヤが一番のネックなようですね。それでも、子供の好きな歯ブラシや歯磨き粉を使用して、頑張っている人も多くいました。

歯磨きの重要性とは

子供の歯磨きが重要だと考える理由として最も多く挙げられたのは、「子供の頃の虫歯が生涯を通じた虫歯のなりやすさを左右するため」が71.2%、「虫歯による痛みを防いであげるため」が62.5%です。

「将来、腎臓病や心臓疾患などの重大疾患の原因になる」と答えた人は、全体の17.1%とまだ少数ですが、口の健康のために月3000円以上10000円未満のお金をかけられる人は、約4割が意識していました。

参考サイト

ウィステリア製薬株式会社


2016/11/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部