妊娠中の生活

「スイカが出てくる様な痛み」ともいわれる出産時の痛み、本当のところどのくらい痛いの?

出産は、大変な痛みを伴うものだと言われています。出産を経験した先輩ママの中には「まるでスイカが出てくるような痛みだ」と表現する人もいます。体験談を聞いて、初めて経験する出産に対して恐怖心を持ってしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。「なるカラ」にも、出産時の痛みについて不安に思うママから相談がありました。看護師さんはどのようなアドバイスをしているのでしょうか?

妊婦さんからの相談:「出産時の痛み、どのくらい痛いのか想像がつかず不安です…」

初めての出産を控えているが、出産の時の痛みがどれくらいなのか想像がつかず不安だ。痛みを緩和する方法があれば教えて欲しい、そんな悩みを持つママからの相談です。

今妊娠していて、初めての出産になります。子供が生まれる時は、まるでスイカが出てくる様な痛みだと聞いたのですが、スイカが出てきたことがないのでどれほどの痛みなのか全くわかりません。もう少し分かりやすい言い方で言うと、どれほど痛いのでしょうか。もし相当痛いのであれば、何か痛みを緩和する効果的な方法はないですか。子供が生まれる時は周りに人もいますし、あまり大げさに痛い痛いと言いたくないのですが、実際にどうなるのか分からないので心配です。

確かに出産は痛いもの、でもその痛みは赤ちゃんに会うために必要な大切なものです!

自身も出産経験のある看護師さんも、出産は痛かったそうです。陣痛や出産の痛みはとても苦しいものではありますが、出産を終えた後の赤ちゃんに会えた喜びや感動はひとしおです。陣痛と戦うのではなく、赤ちゃんに会うために必要なものと考えてください、とアドバイスがありました。

実際に2回出産を経験した感想は、赤ちゃんが出てくる直前の感覚がスイカが出てくるという表現に似ているように感じました。私の場合は出産直前の痛みよりも、陣痛の痛みのほうが大きかったです。出てくる時は、痛みよりも赤ちゃんの大きさも感じられましたし、何かが出てくる感覚も味わえました。 (看護師)
自身の経験からも、確かに出産は痛いです。私も出産の時は痛い痛いと言ってしまいました。医療者側の立場から言うと、叫んだからといって迷惑には思いませんし、無事に出産することが1番大事です。その点はご安心下さい。いろんな話を聞くと不安になってしまいますが、赤ちゃんに会えた感動はとても大きいです。陣痛と戦うというよりは、赤ちゃんに出会うための大切なものと考えて乗り切って頂きたいです。 (助産師、産科・婦人科看護師)
出産で辛いのは、赤ちゃんがしっかり降りるまでいきまないよう我慢することです。産婦さんの多くがこの時期が1番辛かったと言っています。ここを過ぎると、体に力を入れることができるので、やや楽になります。そして赤ちゃんの頭が上半分出れば、後はするッと出てきてくれます。ここはほとんど痛くなく、やっと解放されたー!と、赤ちゃんにあえたー!という気持ちになり、ホッと出来ます。(助産師、産科・婦人科看護師)

痛みの緩和には、呼吸を整えたり、リラックスすることが効果的です!

痛みの緩和に一番大切なのは、呼吸です。止めないように注意し、出来るだけ大きく呼吸するようにしましょう。その他にも、色々と体勢を探したり、リラックスすることも効果的だと教えてくれました。

痛みの緩和に有効なのは、呼吸を整えることだと考えます。私はペットボトルを握りしめ、神経を集中させたりしました。あと、出産中の過程での体の姿勢も関係あるように感じました。その人によって体の向きとか姿勢とか、陣痛がひいている時に楽なものを見つけると少しでも楽になるようです。痛いと叫んでも呼吸が乱れるだけでしたので、陣痛を耐えて呼吸を整えることに集中したほうが良かったなと今になって感じています。不安はたくさんあると思いますが、その分、出産後の嬉しさや達成感があります。(看護師)
一番大切なのは呼吸を止めず、ゆっくりと大きな呼吸をすることです。力は入ってしまいますが、赤ちゃんがしっかり降りてくるまでは、全身の力を抜き、産道を柔らかくしてあげてください。ソフロロジー法など最近人気になっていますが、自分がやりやすい呼吸法を見つけてみましょう。またリラックスできるよう音楽をかけたり、足浴をするなど体を温めるようにしてみてもいいでしょう。 (助産師、産科・婦人科看護師)

出産を乗り越えて赤ちゃんに会えたときの、達成感や感動は何物にも変えがたいものです。出産の痛みをマイナスに捉えるのではなく、赤ちゃんに会うために必要なことと考えて出産に臨んではいかがでしょうか。


2014/07/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)