運動

妊娠中に10kgを超す上の子を抱っこしても大丈夫?

妊婦さんは重いものを持ってはいけないというのは、よく知られていることです。でも、「重いもの」って何kg位なのでしょうか。2人目のお子さんを妊娠したママからの相談に、産婦人科の看護師さん達のくれたアドバイスとは。

ママからの相談:「2人目を妊娠中です。13kgの息子を抱っこしても大丈夫?」

妊娠16週に入るところですが、2歳半の息子の世話に追われ、自分のことやお腹の子のことを前の妊娠時ほど気をつけていられません。一番の悩みは、13kgになった上の息子が抱っこをせがんでくることです。妊娠中は重いものを持たないようにと言われますが、こうした場合「重い」というのはどのくらいの重さのことを指すのでしょうか。個人差もあるとは思うのですが、参考になる重さを教えて頂けると嬉しいです。(30代、女性)

お腹が張るようなら、気をつけた方がいいでしょう

切迫早産や切迫流産を防ぐため、重いものを持たないようにすることは大事です。10kg程度の荷物の上げ下ろしは負担がかかると言われているようです。

妊娠中に重い荷物をなるべく持たないほうが良いと言われているのは、切迫早・流産の予防という観点からです。子宮や腰に強く負担がかかるとされる荷物の重さは、10kg程度の荷物の上げ・下ろしです。買い物の荷物や、日常的に持ち歩いている鞄などの重さは問題ないと言われています。(一般内科看護師)
このケースは、書かれていらっしゃる通り、個人差がかなり大きいと言わざるを得ません。何kgの重さが駄目というのではなく、その時点でお腹が張るかどうか、というのが判断の目安となります。2kg程度のペットボトルでもおなかが張る方もいらっしゃる反面、10㎏以上の重い荷物を持っても平気な方もいらっしゃいます。(一般内科看護師)

抱っこではなく、座ったまま抱きしめてあげましょう

2人目以降の妊娠の場合、上の子が赤ちゃん返りをして抱っこをせがんでくる機会が増えることも。座ったままの姿勢で抱きしめるなど、負担のかからない姿勢を試してみましょう。

上のお子さんがいらっしゃる場合は、1人目のように構っていられないのは、仕方のないことです。身の回りのことが自立したお子さんでない限り、手がかかります。また、第二子以降の妊娠の場合、上のお子さんの赤ちゃん返りなどで悩まされるお母さんも多く、抱っこをする機会が増えたという話も聞かれます。(一般内科看護師)
お子さんが13kgでしたら、重い方に入りますし、ぐっとお腹に力が入るのは腰にも負担になりますから、抱き上げるのではなく、抱きしめるようにしてください。お腹に赤ちゃんがいることを話すと、息子さんも理解できると思います。(産婦人科看護師)
なるべくお腹に負担をかけないような工夫をすることも必要です。上のお子さんの抱っこは低い姿勢(座るなど)または、膝を曲げて抱き上げるようにする、米やペットボトルなど、重い荷物の運搬は、宅配などにされると良いと思います。大切なのは、無理をしない事です。自身が難しいと感じたら、手を借りるようにして頂きたいと思います。(一般内科看護師)

個人差が大きいようですから、ご自身が負担だと感じたら無理はしないことが大事です。抱っこの姿勢を工夫したり、重い荷物の運搬には人の手を借りる等して負担の軽減をしていきましょう。


2015/02/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)