おりもの

2016/11/11

出産後ドロっと大量になったおりもの、減らす方法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

出産後ドロっと大量になったおりもの、減らす方法は?

出産してからおりものの量や性状が変わった、という相談が寄せられました。ドロっとしたおりものが大量に出て困っているようですが、おりものを減らす方法はあるのでしょうか。専門家の答えを見てみましょう。

ママからの相談:「出産後のおりものが変です」

出産前はサラサラとしたおりものが時々出る程度だったのですが、出産をして何年か経ち、現在は排卵日あたりになると、卵の白身のようなドロっとしたおりものが大量に出ます。トイレでいきむと、おりものが長く伸びて出てきます。排卵日だからなのでしょうか。おりものを減らす事はできないのでしょうか。おりものシートがないと、下着が汚れてしまうぐらいです。(30代・女性)

ホルモンバランスによる変化のため、異常ではありません

おりものの量や性状はホルモンバランスの影響を受けているため、ドロっとしたおりものが大量に出ることは異常ではないようです。

おりものは膣内を浄化し感染を防ぐ役割と、排卵日になると精子を送り込みやすくする働きがあります。また、生理周期で変化し、排卵近くになると粘り気のあるおりもので量が増え、排卵日になると卵白のようなトロッとしたものから水っぽいおりものになります。(産科医師)
サラサラしたおりものが排卵日前後になると、ドロッとしたものに変わるのはホルモンバランスの影響によるものだと思います。多量に出ることや、ドロッとしているのは特別異常なことではありません。(内科看護師)
色や臭いに変化をきたした場合は病院を受診することも必要ですが、現時点では緊急性はないように思います。(内科看護師)

免疫力とホルモンバランスを整える生活を

おりものが多すぎる悩みの対策としては、おりものシートをこまめに替えることや、免疫力を高めてホルモンバランスを整えることが挙げられます。意外かもしれませんが、食事や運動、ストレスや休息など生活習慣が関係しているようです。

おりものがある時は、おりものシートを使って陰部が不潔にならないようにしてください。下着についたままですと雑菌が繁殖し、かゆみなどの皮膚トラブルや感染を起こすこともあります。おりものを減らすのは難しいですが、免疫力が低下して感染しやすくなっている時はおりものが増えます。できるだけ規則的な生活で、睡眠を十分にとりストレスを溜めないようにしてください。(産科医師)
対処法としては、普段からバランスを意識した食事・禁煙・適度な運動・十分な休息・ストレスを溜めないことを心がけてください。また、お腹を冷やさないようにするなど、ホルモンバランスを乱さないことも大切です。上記を心がけることで改善が見込めると考えますが、おりものシートをこまめに変えて蒸れないようにしてください。過度に清潔にしようと石鹸などで洗うと、自浄作用等を低下させるため洗いすぎには注意が必要です。(内科看護師)

おりものはホルモンの影響を受けて増減するため、ドロっとした大量のおりものが出ても特に異常ではないようです。おりものシートをこまめに替えて清潔を保ちましょう。そして生活習慣の改善を図り、免疫力とホルモンバランスを整えることで、おりものが多くなりすぎることを防げます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加