基礎体温の基礎

不定期計測の基礎体温でも、排卵状態は正確に分かる?

より確実に妊娠するためには排卵日の特定が必要になり、基礎体温の計測が欠かせません。しかし計測が不定期で体温がバラバラなため、排卵状態が分かるのかと不安に思っている相談者に対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

妊活中の女性からの相談:「基礎体温で排卵状態は正確に分かる?」

妊娠しづらいと感じ産婦人科へ行ったところ、基礎体温を付けるように言われました。夜勤の仕事をしているので、基礎体温を定期的に測ることが難しく、排卵日が分かるのだろうかと思いました。しかし医師に排卵障害があるかどうかは基礎体温を見て分かることもあるので付けるように、と言われたので基礎体温を付けていますが、やはり体温はバラバラです。これで本当に排卵障害はわかるのでしょうか。(40代・女性)

基礎体温は正しく計測できていますか

基礎体温は様々な影響で変動しやすいですが、夜勤の人でも計測できます。4~5時間ほど睡眠が取れた後に測定し、安静にした状態で計測します。

基礎体温は正しい方法で測れているでしょうか。基礎体温は少しの動きや、気温によっても左右されます。測る時間は一定でなくてもよいですが、できるだけ同じ時間帯で少し早く目が覚めても4時間程の睡眠が取れていれば測定してください。体温計は起き上がらなくても手の届く位置に置いて、目が覚めたら頭を持ち上げず安静の状態で測定してください。(産婦人科医師)
夜勤の人でも、基礎体温は指標として使えます。そのためには、夜勤後に5時間は熟睡することが大切です。熟睡して目が覚めたところで、測定した体温を基礎体温を記録してください。ただし夜眠るのと昼眠るのでは、ホルモン分泌の関係から100%同じ状況というわけにはいきません。しかし基礎体温を知る・記録するという意味で、測定しないよりは熟睡後に測定したものを基礎体温とするように、と言われています。(看護師)

基礎体温が高温期と低温期の2層に分かれるか、3カ月を目安に計測を

基礎体温は高温期と低温期の2層に分かれますが、この区別が無いと無排卵等が考えられます。少なくとも3カ月を目安に、測定し続けましょう。不安なことは医師に相談することをお勧めします。

通常基礎体温は、高温期と低温期の2層に分かれます。この区別がついていれば排卵が起きていると考えられ、排卵日や生理周期が把握できます。2層に区別されていなければ、無排卵や卵巣機能の低下、ホルモンバランスの乱れなどが判断できます。少なくとも3カ月は測定しないと判断が難しいので、2~3回測り忘れや測れない日があっても根気強く測定してください。(産婦人科医師)

基礎体温は測る時間をできるだけ同じ時間帯にし、4~5時間睡眠が取れた後に測定する等のポイントを押さえれば、夜勤の人でも正しく計測することができるそうです。基礎体温が高温期と低温期の2層に分かれているかを調べるために、3カ月を目安に計測を続けましょう。


2016/11/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)