排卵障害

左右の卵巣からの排卵を意識的にコントロールできる?

妊活に取り組んでいる方なら、「効率よく確実に妊娠できる方法を知りたい」と思うことでしょう。排卵をコントロールできないかと考えるママに対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「排卵をコントロールできる?」

結婚して4年目です。昨年産まれた娘は、結婚2年目から妊活をした上での妊娠・出産でした。不妊専門のクリニックで検査をしてもらったところ、右の卵管が癒着しており通っていないことがわかりました。そのため左側の卵管に頼るしかないのですが、右と左の排卵の仕方や、どちらかを意識的に排卵させる方法はあるのでしょうか。2人目を望んでいるので、次の妊娠のために教えてください。(30代・女性)

排卵は左右ランダムなのでコントロールできない

毎月左右どちらかの卵巣から排卵されますが、左右ランダムに排卵されるため、意識的にコントロールすることはできません。さらに排卵が1つではなく2つの時もあります。

一般的に左右どちらかの卵巣から排卵されますが、毎月どちらから排卵されるかは分かりません。以前は左右交互にと考えられていたようですが、最近はランダムに排卵されると言われており意識的に排卵をコントロールすることはできません。また、右側からの排卵が多く年齢を重ねると左側から排卵させるようになる傾向があるが、右側から排卵された場合は妊娠継続の割合が高く、左側では妊娠継続が難しいという説もあります。(産婦人科医師)
左右どちらの卵管から排卵されるかは人によって異なり、卵管が正常な人でも決まっていません。さらに1つではなく2つ排卵されることもあります。排卵は数百万の原始卵胞の中から次に排卵する細胞が30個程度決められ、この中からもっともよく成長した卵子が排出されると考えられています。左右どちらかということには捉われずに、2人目を考えてみてはいかがでしょうか。(看護師)

排卵をチェックしながらチャレンジを続けましょう

基礎体温や排卵検査薬で排卵が起きているか調べて、チャレンジを続けましょう。

排卵が起きているかを確認するには、基礎体温をつけたり排卵検査薬を使用するとよいでしょう。卵巣嚢腫などで片側の卵巣を摘出しても妊娠は可能ですから、チャレンジを続けてください。(産婦人科医師)
卵管が癒着していることは、エコーで指摘されたのでしょうか。通常卵管癒着は内視鏡でしかわからないので、もし癒着が分かればその際に剥す処置をすると思います。(看護師)

毎月左右どちらかの卵巣からランダムに排卵されるため、意識的に排卵をコントロールすることはできないそうです。いろいろな説がありますが、左右に捉われず基礎体温などで排卵を確認しながら、2人目の妊娠に向けてチャレンジを続けてみてはいかがでしょうか。


2016/11/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)