おりもの

2016/11/13

出産を機に増えたおりものの量。原因と対処法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

出産を機に増えたおりものの量。原因と対処法は?

おりものの状態には個人差がありますが、量が多い場合おりものシートが必要な人もいます。出産を機におりものの量が増えて、ひどい時はズボンに染みるほどの大量だと悩む相談者の方に、医師や看護師さんたちのアドバイスとは。

産後のおりものについての相談:「産後のおりもの。量が多く衣類に染みてしまうことも」

子どもを2人産んだ後おりものの量が増えてしまい、以前薄いズボンを履いていた時に、おりものがドバーッと出てズボンに染みてしまいました。それ以来おりものシートはかかせませんが、シートを付けていてもそれ以上に出る時があるし、肌がかぶれてしまうのも嫌でできれば使いたくありません。出産とおりものは関係があるのか、おりものの量を減らす方法はあるのでしょうか。(30代・女性)

妊娠・出産でホルモンバランスに変化が

妊娠出産を経てホルモンバランスが変化するため、産後におりものの量が増えることは珍しくなく、また生理周期によってもおりものの量は変化します。皮膚トラブルや細菌感染を防ぐため、おりものシートはこまめに交換して下着は清潔を保つようにしましょう。

産後はホルモンバランスが変化するため、おりものが増えることはよくあります。量が多くても透明~白いものなら心配ないですし、産後の体調が回復して、ホルモンバランスが整ってくれば改善されるでしょう。ガードルやジーンズなど蒸れやすいものは避け、通気性のよい下着や衣類を身につけてください。(産科医師)
生理周期によっても、おりものの量や性質が変わります。排卵日になると量が増えてトロッしたものから水っぽいものになるため、排卵が近くなったらおりものシートではなくナプキンを使用して、こまめに取り替えてください。おりものシートなどを使用せず下着におりものが付着したままだと、雑菌が繁殖して皮膚トラブルや細菌感染を起こしやすくなります。(産科医師)
おりものには、膣内を浄化して細菌などの進入を防ぐ役割がありますが、疲労や睡眠不足などで免疫力が低下すると、感染を防ぐため更におりものが増えることがあります。できるだけ規則的な生活で、ストレスを溜めないようにしてください。(産科医師)
出産を機におりものが増えることは珍しくないので、安心してください。妊娠~出産までの期間、分泌されるホルモンに変化が起こります。産後すぐにホルモンバランスが整えばよいのですが個人差があるため、ホルモンバランスが正常に戻るまでの期間は、おりものがこれまでと比べて増えたように感じることがあります。(内科看護師)

色や臭いがいつもと違う時は病院を受診

量が多いだけなら特に心配ないようですが、色や臭いがいつもと違うなど何か気づいたことがあれば、早めに病院を受診した方がよいでしょう。

量が多いだけなら、何かの病気ということもないので安心してください。ただし色が緑や黄色をおびる、臭いがヨーグルトのような酸味を伴ったりきつくなる、おりものがカッテージチーズのような形状だったり痒みを伴うなどがあれば、婦人科を受診した方がよいでしょう。(内科看護師)

産後におりものの量が増えるのはよくあることですが、色や臭いなどいつもと違う点があれば、病院を受診しましょう。おりものシートはこまめに交換し、下着や衣類は通気性の良い物を身につけるようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加