無排卵

排卵障害があると自然妊娠は難しい?治療法は?

排卵障害とは、卵巣からの排卵が何らかの原因によりうまくいかない状態のことです。排卵障害を抱え不妊に悩む女性に対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

排卵障害についての相談:「やはり自然妊娠は難しい?」

結婚して5年目になりますが、妊娠できません。半年前生理不順がひどかったので産婦人科で検査をしてもらうと、毎月排卵がきちんとできていない可能性があると言われました。医師から、自然妊娠の確率はゼロではないが難しいかもしれないと言われましたが、やはり排卵障害の場合は難しいのでしょうか。また、排卵障害を治療することはできるのでしょうか。治療できるなら、費用や時間がどのくらいかかるのかも知りたいです。(30代・女性)

まずは基礎体温を測り、いつ排卵が起こるかを知ること

排卵障害の程度によって、妊娠しやすいかどうかが分かります。排卵障害の場合いつ排卵が起こるか分からないので、まずは基礎体温を測ってみましょう。

排卵障害もどの程度なのかによって、妊娠しやすいかそうでないかが判断できます。医師から「自然妊娠が難しいかもしれない」と言われているとのことなので、排卵障害が重いのかもしれません。(看護師)
排卵が起きていなければ妊娠しません。排卵障害の方はいつ排卵が起こるか分からないので、まずは基礎体温を測ってください。基礎体温が高温期と低温期の2層に分かれていれば排卵が起きていることになり、最も体温が下がった前後に排卵されます。(産婦人科医師)

排卵障害の治療法とその費用、時間など

排卵障害の場合、原因にもよりますが、一般的には排卵誘発剤による内服治療やホルモン療法などが行われます。費用や時間は、治療する機関や治療法によって幅があります。30代後半になると自然妊娠の確率が低くなるので、早めに治療を始めましょう。

排卵障害の治療は、排卵誘発剤による内服治療が行われます。個人差がありますが、内服治療を始めて1年で60~70%が妊娠できるという報告があります。時間や費用については治療する機関や治療法にもよりますが、1年~数年は時間が必要と考えてください。またきちんと排卵が起きていても、30代後半になると自然妊娠の確率が低くなるので、早めに治療を始めてください。(産婦人科医師)
排卵障害の治療として、ホルモン療法があります。ホルモン療法の費用はかなり幅がありますが、数千円から20万円程度かかると思われます。治療法や使用する薬剤によって金額が変わってきますし、病院によって設定されている金額も違うので一概に言うことができません。期間は、妊娠するまでと考えればかなり個人差があるので、1カ月かもしれませんし、数カ月かかるかもしれません。(看護師)

妊娠のしやすさは排卵の状態によるので、まずは基礎体温を測ってみると良いでしょう。治療法については、原因により内服治療やホルモン療法などが行われ、費用や時間は機関や治療法によって幅があります。年齢的に治療を早めに始めることを検討したほうがいいかもしれません。


2016/11/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)