産後の心の悩み・ストレス

2016/11/11

夫婦間の揉め事発生!そんなときどうしていますか?

この記事の監修/執筆

チャイルド・ファミリーコンサルタント川合 良子

夫婦間の揉め事発生!そんなときどうしていますか?

夫婦で話し合ってルールを決めよう

チャイルド・ファミリーコンサルタント(CFC)の川合良子です。
私は小学校4年生(10歳)の娘と、小学校2年生(7歳)の息子がいます。

ハロウィンが終わって、お店のディズプレイに、少しずつクリスマスの足音が聞こえてくる季節になりましたね。
寒い日も増えてきましたが、お天気がよいと、お弁当を持って出かけたり、
バーベキューをしたり、外で過ごすのも気持ちのよい季節です。

さて、先日、お友だちのお家でのバーベキューにお誘いいただいた我が家、
夜9時ごろに帰宅したのですが、お酒もいただいてよい気分での帰宅だったはずが、
夫婦の間で揉め事が発生しました。

とても些細なことなのですが、すでに眠くなっている子どもたちを
お風呂に入れるか入れないか、ということで、です。

主人は眠さ優先で、このまま寝かせればいい、という意見。
私は1日外で遊びまわっているんだから、お風呂に入ってさっぱりしてから寝かせたい。
9時だけど、小学生の子どもたちにとっては眠くてもまだ入れる時間だし、という意見。

まさに夫婦の価値観の違いが現れた出来事だったのですが、みなさんは、
こんなとき、どうしていますか?

腹を立て、不機嫌になる?
「どうしてあなたは・・・」と口論になる?
諦めて、何も言わず、パパの意見に従う?

そんなとき、子育ての専門家としてCFC(チャイルド・ファミリーコンサルタント)が、
お勧めしているのは、揉めるポイント、価値観が違うポイントは、
夫婦で話し合って「ルールを決める」ということです。

話し合いを積み重ねることで自分たちらしい家族に

我が家も翌朝、話し合いをし、帰宅が夜9時を過ぎるときには、
眠ければお風呂に入らずに寝てもOKにする。
でも、歯磨きだけはきちんとする、ということに落ち着きました。
主人は、お風呂は譲れないけど、歯磨きは譲る、私はお風呂は譲るけど、
歯磨きは譲れない、とお互いに妥協点を探した結果です。
考えてみれば、お出かけして、帰宅が遅くなるたびに、揉めていたことなのですよね。
でも、ルールを決めたことで、それ以降は揉めることはなくなりました。

日常生活を振り返ってみると、意外と些細なことで揉めていたり、揉めないまでも
ストレスを溜めていることがあったりしませんか?

夫婦といえども、結婚するまでは別々の人生を歩んでいた二人なので、
価値観の違いはあるのが普通です。
それを、相手を責めたり否定したりするのではなく、ひとつひとつ話し合って
我が家のルールを決めていく、そういうことを積み重ねていくことが
ファミリービルディングにつながっていくのですよね。
そうして、夫婦の価値観の違いを楽しめるようになったら素敵だなと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加