アプリ

英会話を日常に取り入れよう!

英語を話せるように、まだ脳が柔軟に音を吸収できるうちにと幼児のうちから英語教室へ通わせている人も多くいます。ところが英語に触れる環境が、週1回の英会話教室では全く足りていないのだそうです。

普段でも英会話ができる環境にしてあげたいけど全く英語が話せないし・・と思っているママ・パパにお勧めのアプリをご紹介します。

英語初心者ママの声が反映されている!

2016年4月にリリースされたアプリ「親子de英会話」は、英語初心者のママとネイティブ英語講師がタッグを組んで開発したアプリです。早くも東京・千葉を中心とした幼稚園や保育園、英会話教室の一部で推奨され、各種メディアにも取り上げられています。

ダウンロード

iOS親子de英会話

人との会話が大切

幼児の語学取得を研究しているパトリシアクール博士によれば、6ヶ月頃の赤ちゃんはどの言語の音も聞き分け、8ヶ月頃には自分の母国語で使われる音の統計を吸収して使われない音は次第に聞き取れなくなるのだそう。

なんと赤ちゃんのわずか2ヶ月の間でも劇的な変化があるそうです。また、第二言語の取得能力は7歳までは幼児と変わらないとしています。その後急激に衰えて17歳からは大人と全く変わらなくなってしまうのです。

同博士は音を聞き分ける能力を取得するのに、人が果たす役割も実験。テレビやCDで音だけ聞いた赤ちゃんは音を聞き分けることができるようにならなかったと実証しています。

逆に人が話しかけた赤ちゃんは、違いを聞き分けることができていました。言語取得には、人が話しかける必要があるのですね。

人が話しかける必要があるのは分かったけど、そもそも英語が話せないから英会話スクールへ通わせているのにどうしたらいいの?という声が聞こえてきそうですが、大丈夫。「親子de英会話」を使えば、生活の中に英語を取り入れることができますよ。

生活でよく使うフレーズがたくさん

「親子de英会話」に収録されている英会話は、「これ買って」「また今度ね」「どっちがいい?」「まだ眠くないの?」など日常生活でよく使う簡単なフレーズばかり。無料で3シーン37フレーズ、有料で17シーン434フレーズあり全部で20シーン474フレーズが収録されています。

フレーズはリアルな発音で聞くことができるので、マネして話していればキレイな発音を身に着けることができますよ。英会話一つ一つに抑えておきたいポイントも説明されていますので、参考になります。発音のポイントはローマ字表記で分かりやすくなっています。

これなら習慣になりそう

いざ英会話を日常で使おうと思ってもスラスラ出てくる物ではありませんよね。そこで同アプリには、アラーム機能が付いているのです。朝起きたとき、ご飯、着替えなど生活に欠かせない13のシーンにアラームが設定できます。これなら忘れずに習慣にできそうですね。

子供が聞き取れる音を限定してしまう前に、親ができることを試してみませんか?

ダウンロード

iOS親子de英会話


2016/11/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部