話題・時事ネタ

オリエンタルホテル東京ベイ 「オレンジリボン運動」に賛同と登録

毎年11月は「児童虐待防止推進月間」

東京ディズニーリゾート・パートナーホテルのオリエンタルホテル東京ベイでは、地域・社会貢献活動の一環として、認定NPO法人 児童虐待防止全国ネットワークが推進する「オレンジリボン運動」に賛同。ホテル業界で初めてこの活動の支援企業に登録したことを11月15日に発表しました。

オレンジリボン運動とは「子ども虐待のない社会の実現」を目指す市民運動で、シンボルマークのオレンジ色は子ども達の明るい未来を表現しています。

『ファミリーに優しいホテル』がコンセプト

同ホテルではかねてより東日本大震災により学ぶ場所を失った子ども達の教育支援や、開発途上国の子ども達にワクチンを届ける活動支援、乳幼児連れのための客室の提供などを行ってきました。

また2015年6月からは出産後の母親の回復をサポートする日帰り型ケアを行う場として、「ベビーズスイート」の客室を提供、2017年度もこれまでの取り組みを拡充していきます。

またオレンジリボン啓蒙活動としてレストランスタッフ全員によるオレンジリボンのピンバッジ着用、食事代の一部を募金に充てるレストラン企画、チャリティバザー、他の支援企業とのコラボレーション企画を予定しています。

参考サイト

オリエンタルホテル東京ベイのニュースリリース


2016/11/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部