話題・時事ネタ

2016/11/22

東北初!イオンモール名取に事業所内保育施設開園で従業員の活躍を支援

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

東北初!イオンモール名取に事業所内保育施設開園で従業員の活躍を支援

内閣府の「企業主導型保育事業」のひとつ

11月18日(金)イオングループの事業所内保育施設「イオンゆめみらい保育園 名取」が、東北地区で初めてイオンモール名取に開園したことが発表されました。

同園はイオンとして、内閣府が待機児童問題の解消と仕事と子育ての両立支援を目的に進める「企業主導型保育事業」として認められた初めての施設で、グループの事業所内保育施設としては9カ所目の施設となります。

金銭的・時間的負担を考えた料金設定

「イオンゆめみらい保育園」は、イオングループの事業所内保育施設として、出産・育児休暇を取得した従業員のスムーズな復職、並びに子育てをしながら働く従業員の活躍支援を目的として設置され、イオン内では7園目の施設となります。

同園は早朝・深夜の時間外保育や休日保育等に係る金銭的・時間的負担の軽減を図るため、土・日・祝日・年末年始を含む365日、朝7時~夜10時まで運営し、曜日や時間帯に関係なく保育時間数のみに基づき保育料金が設定されています。

またイオングループ従業員だけでなく、テナント企業に勤務、もしくは地域住民の利用も可能となっています。

イオンは、2020年までに事業を展開する都道府県に1施設以上の設置を目標とし、これからも仕事と育児の両立支援、待機児童解消の一助となれるよう努めていくとのこと。

参考サイト

イオンのニュースリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加