悪露

2カ月も続く悪露に不安を感じています

産後、子宮の回復具合も良く悪露も順調に減っていったという相談者ですが、予想に反して2カ月経っても続いているとのことです。量は少なくてもなかなか終わらない悪露に、原因が分から不安になっています。

20代女性からの相談:「悪露がなかなか終わらない」

産後の1カ月検診で、順調に子宮が回復していると言われました。悪露も少なくなっていたので、もうすぐ終わるかなと思って過ごしていました。ところが、2カ月経ってもまだ悪露が終わる様子がありません。量はわずかでおりものシートで事足りるくらいですが、検診後から今日までずっとだらだらと続いています。検診時に先生は「もう終わるだろう」と言われていたのに、それから1カ月経ってもまだ続くなんて思いませんでした。ホルモンバランスが崩れているせいなのでしょうか、それとも病気なのでしょうか。出血の色は生理の終わりと同じような色で、量も増えたりはしていませんが心配です。もう一度診察を受けた方が良いのでしょうか。(20代・女性)

悪露の終わる時期には個人差があります

専門家によると、産後の悪露は早い人なら1カ月以内におさまりますが、2カ月以上続くケースもあり得るとのことです。痛みや熱を伴っていたり、悪露の量が増えたりしていないのなら、様子を見ても良いでしょう。

通常子宮が順調に回復すれば、産後1カ月程で悪露は消失しますが、帝王切開の場合、子宮の傷が回復するまでは、体液が分泌されたり、微量の出血があったりするため、少ない量ですが産後2カ月くらいまでは出血することもあります。おりものの色が、生理の終わりかけくらいの色でしたら心配ないと思いますが、量が増えたり、臭いを伴ったり、お腹の痛みがあるようでしたら、病院を受診してください。おりものシートは汚れたらこまめに取り替えて、陰部を清潔にしてください。(医師)
出産後に2カ月悪露が続くのはよくあるケースとは言えませんが、特に珍しいことでもありません。生理であれば一週間程度でおさまるはずなので生理ではないでしょう。おそらくは子宮収縮がまだ終わっていないのかもしれません。心配しなければならないようなことはないとは思いますが、子宮収縮まだなのかな?という気持ちで、念のために一度病院を受診されても良いでしょう。(看護師)

産後の生活は無理をしないことが大切です

悪露が長引く原因は、産後の疲れや環境の変化が影響している場合もあります。産後1カ月は身体が妊娠前の状態にスムーズに戻るための大切な期間で、この時期に無理をすると、将来更年期障害を起こしやすくなるとも言われています。できるだけ安静に過ごし、寝たり起きたりの生活を心掛けましょう。

慣れない育児の疲れやストレスで、悪露が長引く方もいらっしゃいます。できるだけ無理しないよう、疲れたら横になって休むようにしてください。産後の子宮の回復を促すために、産褥体操を行ってください。(医師)
ほとんどの場合はしっかり安静が取れていれば、悪露は1カ月程度で終わるものです。もちろん安静に出来る人そうでない人もいますし、もともと個人差があります。一人目と二人目の出産で悪露が終わる時期も違ったりします。(看護師)

産後しばらくは赤ちゃんのお世話に忙しく、自身の体調のことにまで気が回らないという方も多いでしょう。悪露は子宮回復のバロメーターにもなります。神経質になる必要はありませんが、日々色や量が変化していく様子をチェックしてみてくださいね 。


2016/11/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)