悪露

放っておいて大丈夫?半年ほど続いている悪露

悪露がいつ終わるかは個人差があるものの、長くても3カ月ほどと言われています。ところが、今回の相談者の場合産後半年近くも続いており、気付かぬうちに身体に異変が起きているのではと心配になっています。

30代のママからの相談:「産後の悪露が長引いていることについて」

第一子を出産し、もうすぐ半年が経とうとしています。悪露は生理の後半くらいの量までに減ったのですが、未だに続いております。出産時の出血は中等量で、妊娠中から貧血のため鉄剤を飲んでいました。そういったことや、初産であることが関係しているのかなと思って過ごしてきましたが、いつ終わるのか、何か病気ではないかと少し心配になっています。1カ月検診時は特に問題はなく、現在も身体の不調等は感じていません。一度受診をした方がいいのでしょうか。(30代・女性)

悪露が長引く理由、早く終わる理由

悪露の出方は、子宮の回復具合によって変わります。帝王切開では、出産時に子宮内の残留物も洗浄するので悪露の量が少なく、早く終わることが多いと言います。また、子宮の回復が早いと悪露の排出が遅れ、長引くこともあるそうです。

産後の悪露は、一般的には出産後約1カ月は続くと言われています。しかし実際には、2週間ほどで終わる人もいれば、2~3カ月続く人もいて個人差があります。悪露の状態が子宮の回復のバロメーターとなりますが、1カ月検診の際に子宮の戻りが良ければ、悪露が続いていても経過観察となる場合が多いようです。逆に子宮の戻りが早いと、子宮口が早い段階で閉じてしまい、悪露がいっぺんに排出されなくなるので、長引くことがあるようです。(看護師)

標準的な悪露の量・色・期間

専門家は、標準的な悪露の出方の変化や期間を説明したうえで、やはり相談者の悪露の出ている期間は長すぎると指摘し、受診を勧めています。

産後3日目位までは、赤い色の悪露が出ます。粘り気があり量も多いです。その後、産後8日目位までは褐色の悪露が出ます。血液の成分は減り、量も徐々に減っていきます。産後14日目位までは、黄色の悪露が出ます。この頃には量は随分減ります。その後、産後1カ月位までの間に悪露は白い色へと変化し、量は更に減っていきます。産後1カ月を目処に悪露は出終わり、普通のおりものになるのが通常です。従って相談者さんの場合は、通常よりも随分長く悪露が続いていると言えます。一度受診された方がよいでしょう。(臨床心理士)

悪露の状態を確認することも重要です。鮮血だったり悪臭がする場合は、子宮復古不全や感染症の疑いがあります。もし痛みや発熱を伴っていて頻尿・排尿時痛などの症状もあるなら、膀胱炎や腎盂炎にかかっている可能性もあります。

もし「悪臭がする」「色が鮮血か赤褐色」「鮮血の塊がある」という状態を伴っているようでしたら、子宮復古不全や、出産の時にできた傷口に細菌が感染した子宮内感染症が疑われます。(臨床心理士)
子宮内に残留物があると炎症を引き起こす可能性があり、取り出す処置を受ける必要があります。また、産後半年くらいなら生理が再開していなくても、ホルモンバランスの影響で不正出血を起こす可能性もあります。下腹部の痛みや発熱、鮮血などの出血があれば、電話などで問い合わせるか受診しましょう。(看護師)

悪露が長引いていると、体調に問題がなくても心配になりますよね。不安を払拭するためにも、一度受診されることをお勧めします。


2016/11/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)