腰痛

妊娠9カ月、眠れないほどの腰痛をなんとかしたい

多くの妊婦さんが抱える悩みのひとつが、腰痛です。お腹が大きくなるにつれひどくなる、眠れないほど辛い腰痛に悩む妊婦さんから相談がありました。お医者さんと看護師さんは、どのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「座っても寝ても腰痛が治まらず、痛くて眠れません!整体などに行ったほうがいいのでしょうか?」

私は妊娠前からぽっちゃり体型です。体重をなるべく増やさないよう言われましたが、食欲旺盛で安定期に入った頃からお腹も大きく重くなり、反り腰になってしまいました。9カ月になる今は体重も10kgも増え、反り腰と腰痛に悩んでいます。ひどい時には、座っても横になっても痛くて眠れないほどです。足を上げたりシムスの体勢で寝るといいと聞きますが、どちらを試してもよくなりません。整体などに通った方がいいのでしょうか?(20代・女性)

前に出るお腹を支えることが腰痛の原因に

妊娠中に腰痛が起きる原因について教えてくれました。

お腹が大きくなって前に突き出していくにつれ、骨盤や腰椎も前に突き出てしまうのが反り腰で、背中の筋肉が腰を後方に保とうとして腰痛が起こります。(産科・婦人科医師)
妊娠すると体重が増えるばかりではなく、胎児も成長してお腹が大きくなり腰に負担がかかってきます。更に歩き方も妊娠前と変わり、姿勢も悪くなったり腰に負担がかりやすくなります。(看護師)

正しい姿勢と冷やさないことを意識して

自宅でできる腰痛対策と、日常生活で意識すると良いポイントについてアドバイスがありました。

大きくなったお腹で背中をまっすぐにするのは難しいですが、時々壁に後頭部から踵までをぴったりくっつけて、姿勢を整えてください。椅子に座ったり横になる時は、クッションや抱き枕などを使ってなるべく姿勢を正しく、楽な姿勢を保つようにしてください。妊婦さん用の腰痛体操もありますから、無理のない範囲で行ってください。骨盤ベルトを使用し、腰周りを冷やさないようにしてください。(産科・婦人科医師)
改善方法として、半身浴で身体をよく温めましょう。また普段から妊婦用の腰用ベルトを巻いたり、意識して姿勢を正すことも大切です。その他ストレッチをしたり、シムス位で寝る時は膝の間にクッションや枕などを挟んで寝ると、効果が得られる場合があります。(看護師)

辛いときは、医師に相談を

自宅でできる対策を行っても辛いときは、医師に相談をご検討ください。安定期に入っていれば、医師の指導のもとマタニティー整体を受けられるようです。

整体や針灸院などに通って改善することもあり、ツボ押しをしてもらうだけでも痛みが軽減することがあります。自宅でできる方法を試しても効果が得られない時は、整形外科やかかりつけの産婦人科に相談して痛み止めや湿布など処方してもらっても良いでしょう。(看護師)
マタニティー整体は安定期に入っていれば行けますが、事前に医師に相談してから行ってください。(産科・婦人科医師)

妊娠中は大きく前に出るお腹を支えるために、腰痛が起こりやすくなります。腰痛対策のためには、正しい姿勢と冷やさないことが重要です。安定期に入ればマタニティー整体も受けられますが、事前に医師に相談するほうがいいようです。痛みが辛い時は、湿布や薬を処方してもらうといいでしょう。


2016/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)