妊娠中期の体重増加 

安定期、体重が増えてきた!どうやって減らすべき?

安定期になって体重が増えてきたという相談が寄せられました。母親学級で指導を受けた数値を超えて体重が増加した場合は、減量しなければならないのか、どんな方法が効果的か、という質問に対して専門家はなんと答えているでしょうか。

プレママからの相談:「体重増加について」

安定期に入って体重が増え始めています。母親学級で体重は2週間に500gの増加を限度にし、それ以上増えていれば食事を見直すなど気を付けるようにと言われているのですが、妊娠前から日によって500gくらいは体重に誤差があるので、毎日体重を測っていても安定しません。もし体重が増えすぎた場合は、減らすように努力したほうが良いのでしょうか。食事以外ではどんな方法が効果的なのでしょうか。(20代・女性)

体重の増えすぎはリスクがあります

体重が増えすぎると母体や胎児の健康へのリスクがあり、お産も困難になりがちなようです。体重増加の範囲は、受けた指導の枠内に収めるよう心がけましょう。

2週間で1kg増えても、全体的に体重がオーバーしていなければよいと思いますが、できるだけ指示された範囲内の体重増加になるようにしてください。運動不足で体重が増加すると産道に肉が付きお産がきつくなりますし、股関節が硬く開きにくくなります。(産科医師)
安定期に入ると食欲も旺盛になり、好きな物をたくさん食べたくなりますよね。妊娠中の理想の体重増加は、10㎏が限度です。体重が増えると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、巨大児分娩などリスクが伴います。(内科看護師)

運動と食事で体重のコントロールを

食事では食材や調理法、味付けにひと工夫すると良いでしょう。同時に妊婦に適した水泳などの運動を行い、家の中でもストレッチや家事で身体を動かすと良いようです。

体重を効率的に減らしたい場合は、食事と共に運動を取り入れると良いでしょう。妊娠中なので無理な運動は行わず、ウォーキングやヨガ、妊婦向けの水泳教室に通うのも良いでしょう。これらの運動は体重減少に効果があるだけでなく、妊娠中に起こりやすい腰痛や浮腫みなども解消してくれます。(内科看護師)
家事に加えて、家の中でできるストレッチや体操、足踏みなど工夫してみてください。四つ這いで床を拭くのも股関節を鍛えるのに効果がありますが、妊娠後期に入ってからが良いでしょう。運動が嫌でしたら、無理のない程度に大掃除をしたり、家事を増やしてください。ただし、お腹が張るときは動かないようにしてください。(産科医師)
食事も和食を心がけ、高タンパク・低カロリーのささみ肉を摂取するとよいでしょう。また調理方法を工夫して、油を使用しない電子レンジや茹でて調理するとカロリーを抑えることができます。更に薄味にすると、食べ過ぎを防止でき効果的です。食事は3食バランス良く摂取して下さい。(内科看護師)

妊娠中に体重が増え過ぎると、母子共に健康へのリスクがあったり、出産が困難になるため、目安とされる数値内の体重増加にとどめることが賢明です。食材や調理法、味付けを工夫すると共に、水泳等の運動をしたり、家でも家事やストレッチ等で上手に身体を動かすと良いでしょう。


2016/11/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)