産後の生理

出産で解消していた生理痛がまた戻ってきました

女性は妊娠によって体質が変わることがあります。逆に、出産後に再び昔の体質に戻る事もあるのでしょうか。

ママからの相談:「生理痛やニキビについて」

もともと生理痛で毎月鎮痛剤を飲んでいましたが、出産後の生理再開から1年程は鎮痛剤なしで大丈夫でした。ところがここ数カ月、周期が乱れて経血量にもばらつきがあり、生理前にニキビができてしまいます。また、生理痛も復活してしまいました。これは、妊娠前の生理痛体質に戻ったのでしょうか。(40代・女性)

妊娠・出産が身体に与える影響

出産後の生理が再開して1年経ってから妊娠前の生理痛が戻ってきたという相談者さんですが、これはもともとの体質が時間差で戻ってきたという事なのでしょうか。

妊娠・出産によって生理の状態が変化する方は、たくさんいらっしゃいます。その内容も症状が軽くなったり、強くなったりとさまざまですし、生理前の症状にも個人差があります。(産科婦人科医師)
妊娠や出産の過程で、女性の身体は大きく変化します。約10カ月という期間をかけての変化ですから、産後すぐに元の状態に戻るわけではありません。ゆっくりと元の状態に戻っていくものなのだとイメージしてみてください。(看護師)
妊娠によって子宮のサイズが大きくなっており、それに伴ってホルモンの分泌量も増える事から、経血量も増える場合があります。特に何かの病気や異常と言う事ではありません。症状がつらい場合は、月経前症候群として薬の内服などで症状を緩和することが可能です。(看護師)

年齢的な事が原因の可能性も

妊娠によって変化した身体が元に戻っていく過程で、生理の状態が変化する事は正常な事のようですが、年齢的な事が関係している可能性もあるようです。

生理不順や生理周期の乱れ、生理痛などは、40代という年齢的に卵巣の機能が低下してきている事や、ホルモンバランスが悪くなっている事などが原因とも考えられます。(産科婦人科医師)
10代や20代のニキビとは異なり、40代のニキビはホルモンバランスや乾燥などが原因といわれています。(産科婦人科医師)

自分でできる事から試してみる

生活全般のリズムを整える事が、状況を改善するポイントになるようです。

一般的な事ですが、ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を送る事、睡眠不足にならないようにする事、運動や趣味などでストレス発散する事などを心がけてみてください。(産科婦人科医師)
基礎体温を測って、排卵が起こっているか生理周期が規則的であるかなどをチェックしてみてください。乱れがあるようなら、医師に相談してみるとよいでしょう。(産科婦人科医師)
肌荒れはホルモンの影響だと考えられますが、そのほか便秘気味という事はないでしょうか。発酵食品を摂ると腸内環境を整えてくれるだけでなく、肌のターンオーバーを活性化してくれるので、肌の悩みを解消する一助になるかもしれません。(看護師)

ホルモンバランスは体調を大きく左右します。規則的な生活リズムやバランスの良い食生活、適度なストレス解消を心掛けていく事が大切です。


2016/12/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)