産後の生理

産後に生理痛が悪化する事はある?痛みの緩和法は?

出産を機に身体の変化を感じる女性は少なくありません。妊娠前より体調が良くなる人、悪くなる人と様々ですが、生理痛が悪化した事nに悩むママに対し、医師や看護師はどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「産後に生理痛が悪化、どうしたら良い?」

出産前は生理痛とは無縁の生活を送ってきましたが、産後、生理痛が酷くなりました。一番重い2日目は薬が効かないと歩けない程の痛みですし、経血量は出産前の3倍以上あるように感じます。出産を機に生理が重くなるのは普通なのでしょうか。生理周期にズレがあるため、痛みに備えて薬を携行していないと不安です。ピルは生理痛緩和に良いと聞きますが、毎月購入して飲むのも気が進まず、他に方法はないでしょうか。(20代・女性)

痛みの原因はホルモンの変化等複数あり

出産を機に生理に変化がある人はいます。痛みの原因は、ホルモンの変化や骨盤のゆがみ、疲れやストレス等と考えられます。毎回経血量が多いなら、病院を受診しましょう。

ホルモンの変化により、産後の生理が重くなったり軽くなったりします。産後に生理痛が激しくなったのは、骨盤のゆがみや育児による疲れ、ストレス等が考えられます。毎回経血量が多いなら、子宮内膜症の疑いもあります。一度、病院を受診してみてください。(産婦人科医師)
出産を契機に、生理が変化したと感じる人は少なくありません。妊娠・出産というプロセスの中で、子宮は赤ちゃんを育てるために約1年もの時間をかけて大きくなりますが、出産した途端に風船のようにしぼむわけではなく、ゆっくりと時間をかけて妊娠前の状態に戻ります。生理は女性ホルモンの影響を受けて周期的に起きますが、子宮が大きくなるとホルモンの分泌量も変わるので、それに伴い生理痛を感じるようになったのだと思います。(血液内科看護師)

生理痛を和らげるピル以外の方法

生理痛を和らげるためには、ピルを使用する以外に骨盤ケア・姿勢・食事・冷え・休息等に配慮する事で対策できます。

産後に骨盤矯正体操や骨盤ベルトを利用して、骨盤の矯正を行いましたか。まずは骨盤矯正体操を行ったり、正しい姿勢を心がけ、重いものを持ったり腰に負担がかかる動作は控えてください。血行をよくし身体を冷やさないようにする事、経血量が多いなら、葉酸や鉄分をとって貧血を予防してください。生理痛の緩和に低用量のピルを使う事もありますが、授乳中の場合はお勧めしません。(産婦人科医師)
ピル以外の方法では、食事内容に気を配りましょう。バランスを意識して和食中心のメニューにする事、なかでも大豆食品はイソフラボンが含まれるため、ホルモンバランスを整える一助となります。身体を冷やさない事もホルモンバランスを整える事になりますし、ストレスを溜めず休息を十分に摂る事等も生理痛緩和に繋がります。(血液内科看護師)

出産を機に生理が重くなる人もいます。痛みの原因は、ホルモンの変化・骨盤のゆがみ・疲れ・ストレス等で、経血量の増加は子宮内膜症等が考えられるそうです。生理痛を和らげるために、骨盤ケア・姿勢・食事・冷え・休息等に配慮しましょう。


2016/12/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)