産後の生理

産後、経血の量や状態が安定しないのはホルモンの影響?

産後に生理の状態が変化するケースがあります。妊娠前は問題が無かったのに、産後全く状態が変わってしまった事に戸惑っているママに対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「産後の経血量が定まらず不安です…」

産後4カ月で生理が再開し、約1年経ちます。生理周期はほぼ妊娠前に戻り、規則正しくなってきています。しかし経血の様子が全く変わってしまい、量は多かったり少なかったりと毎回極端です。多い時はナプキンをこまめに変える必要があり、期間は1週間と長く、ドロッとした塊も出ます。対して少ない時は生理の終わりかけのような状態が、約4日間で終わってしまいます。これはまだホルモンバランスが乱れているからなのでしょうか。(30代・女性)

産後の生理はホルモンの変化により状態が変わる事も

産後の生理は、ホルモンの変化により状態が変わる事がよくあります。経血量が増えるのは妊娠・出産により子宮が大きくなる事や、生理不順は授乳の影響もあります。また、睡眠不足やストレスによる影響も考えられます。

産後の生理の再開には個人差があり、2~3カ月で再開する人もいれば、1年程で再開する人もいます。一般的に、授乳中はプロラクチンというホルモンの影響で排卵が抑制されるので、授乳中に生理が再開した場合は無排卵のこともあり、生理不順になりやすい傾向があります。また妊娠によって子宮が大きくなり剥がれる内膜の量が増えたため、経血量が増える人もいます。ホルモンの変化により生理の状態が変わることはよくあります。(産婦人科医師)
妊娠・出産という過程を辿るなかでホルモンが変化するため、産後の経血に変化がある人は多いようです。経血量が増えるのは、妊娠の経過とともに子宮が大きくなるため、産後1年程は経血の量が子宮の大きさに比例して多くなるからです。更に育児において睡眠時間が十分確保できないことや、自覚できない些細なストレスが加わっていることも考えられます。(血液内科看護師)

規則正しい生活を心掛けて、体調に変化があったら受診も

冷えやストレス、疲れに気をつけ、規則正しい生活を送りましょう。経血量や体調に変化があったら、病院を受診してください。

卒乳まではホルモンバランスが整いにくいですが、できるだけ規則的な生活をおくること・身体を冷やさないようにすること・ストレスや疲れを溜めないようにすることに、気を付けて下さい。極端に経血量が少ない場合は不正出血も考えられるので、気になるようなら病院を受診してください。(産婦人科医師)
特別異常なことではないように思いますので、経過を見てください。ただし、今後も経血量が増える、めまいやふらつきなど体調の変化がある場合は、一度婦人科で相談しましょう。(血液内科看護師)

産後の生理は、ホルモンの影響で変化するようです。経血量は妊娠・出産により子宮が大きくなることに関係しており、生理不順は授乳の影響も考えられるそうです。冷えやストレスに気をつけ規則正しい生活を送り、体調の変化には受診も検討してください。


2016/12/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)