産後の生理

産後1年以上経ち、卒乳しているのに生理が再開しない

産後の生理再開時期には個人差があるようですが、なかなか生理が再開しない事に大きな不安を抱えるママに対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「産後1年以上経っても生理が再開しない」

産後1年1カ月経っても生理が再開しません。母乳育児を行い、卒乳して2カ月ほど経ちます。性行為はしていないので妊娠の可能性もありません。産後3カ月の頃に一度普段の生理より少ない出血があり再開したと思ったのですが、それからは一度もありません。産後1年以上生理が再開しない事はよくあるのでしょうか。不安でたまりません。病院を受診した方がいいのでしょうか。(20代・女性)

生理の再開時期には個人差あり、ホルモンの影響が大きい

授乳中に分泌されるホルモンの影響で、生理の再開が遅くなる事があります。また、疲れやストレス、睡眠不足などでホルモンバランスが乱れる事でも遅れる場合があります。もう少し経過を見てみましょう。

一般的に授乳中はプロラクチンというホルモンが分泌されるため、排卵が抑制され、生理の再開が遅くなる傾向にあります。また育児による疲れやストレス、睡眠不足などでも生理が遅れる事があります。更に再開したと思っても、無排卵や、生理不順になる事も多くあります。(産婦人科医師)
産後の生理再開の時期は様々です。産後すぐに再開する人もいれば、数カ月から1年以上、長い人では2年近くかかる場合もあります。育児は身体に負担をかけますし、睡眠時間も一定しないので、ホルモンバランスが乱れない人の方が珍しいくらいです。生理が再開しない事に不安があるかもしれませんが、もう少し経過を見てみましょう。(血液内科看護師)

食事や休養を心掛けつつ、経過を見て受診を

日常生活においては、バランスの良い食事や十分な休養を心掛けましょう。基礎体温を測定して、排卵チェックもしてみましょう。産後1年以上または卒乳後3カ月を経過しても再開しないなら、病院を受診した方が良いでしょう。

食事は、和食を中心にバランスの摂れた内容を心掛けましょう。お腹を冷やさないようにし、ストレスを溜めず、休める時に休んで頑張り過ぎないようにしてください。(血液内科看護師)
できるだけ規則的な生活を心掛け、ストレスを溜めないようにしてください。バランスの取れた食事、良質のたんぱく質・葉酸・鉄分を摂るようにしてください。また基礎体温を測り、排卵が起きているかチェックしてください。生理の再開には個人差がありますが、産後1年以上または卒乳して3カ月を経過しても再開しない場合は、病院を受診した方がいいでしょう。(産婦人科医師)

授乳やその他の要因から、ホルモンの影響で生理の再開が遅れることがあるそうです。バランスの良い食事や十分な休養を心掛け、基礎体温で排卵チェックもしましょう。産後1年以上または卒乳後3カ月を経過しても再開しない場合は、病院を受診してください。


2016/12/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)