稽留流産

2016/11/25

流産したことに気づかない「稽留流産」の原因と兆候

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

流産したことに気づかない「稽留流産」の原因と兆候

お腹の中の赤ちゃんが胎盤と共に完全に子宮の外へ流れ出てしまうことを「完全流産」、一部分が子宮に残ってしまうことを「不全流産」と言いますが、
赤ちゃんが子宮の内側で死んでしまっているのに子宮内に組織が残っている状態を「稽留流産」(けいりゅうりゅうざん)と言います。
ここでは“流産したことに気がづかない”と言われる稽留流産の原因と兆候についてご紹介したいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加