新商品

赤ちゃん目線の寝具というコンセプトの新ブランド「ドクターレーベル」

“ベビィファースト”をブランドコンセプトに

アイデス株式会社は2016年11月21日、赤ちゃんのことを知り尽くしたお医者さんの知識や経験をもとに企画・開発されたベビー用品ブランド「dr.label(ドクターレーベル)」から、「ドクターレーベル ベビーバスケット」を発売しました。

親の使い勝手はもちろん、赤ちゃんの居心地の良さが高い評価を受けた抱っこひも「ドクターレーベル ベビーキャリア」は、2016年にグッドデザイン賞を受賞するなど、 1930年より幼児用玩具などを企画販売しているアイデスの新ブランド「dr.label」。

今回、ブランド第一弾として登場する「ドクターレーベル ベビーバスケット」は、ベビーベッドでもコットでもない「赤ちゃん専用の安全な場所」がコンセプトです。

ヨーロッパの安全基準にも合格するアルミフレーム採用

どこでも簡単に折り畳んで持ち運べる軽量さと、ヨーロッパの安全基準に合格する強度を備えたアルミのフレーム、通気性に優れ蒸れを軽減する新素材のマットなど、細部にもこだわった仕上がりになっています。

対象月齢は0ヵ月~6ヵ月になります。サイズは、最大時W880mm x L570mm x H720mm(折り畳み時、W280 x L570mm x H600mm)、重さは約5kg。オレンジ、ブルー、ブラウンの3色をそろえました。19,800円(税別)。

そのほか、ベビーベッドやベビーミニふとん6点セット、ベビーキャリア(対象月齢1-24ヵ月(90cm 15kgまで))のラインアップ。詳しくはウェブサイトで。

参考サイト

プレスリリース – ニュース – ドクターレーベル – dr.label – ベビィファーストでいきましょう。

dr.label ブランド誕生(pdf)


2016/11/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部