話題・時事ネタ

企業を越えて部活動を推進、子育てママの友達作りにも

リクルートマーケティングパートナーズがサービス提供

11月24日に、株式会社リクルートマーケティングパートナーズは、同社が運営する「ゼクシィ縁結び」について、株式会社ベネフィット・ワンが提供している福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」と提携することを発表しました。

これにより2017年2月から、ベネフィット・ステーションの会員が、互いに交流できるプラットフォームである「ACTIVITIES(アクティビティーズ)」を開始します。

ワークライフバランス施策を支援

今回の提携の目的は、昨今企業の課題となっている子育て支援等のワークライフバランスの推進を行うプラットフォーム構築にあります。

このプラットフォームにおいて、ワークライフバランスの実現方法として、リクルートマーケティングパートナーズとベネフィット・ワンの2社は「企業を越えた部活」「企業に閉じた部活」を提供します。

「企業を越えた部活」とは何か。それはベネフィット・ステーション会員がユーザーとなることにより発生する、企業の枠に収まらない部活です。企業の外に休日など余暇を過ごせる機会があることにより、転勤などがあっても転勤先での人間関係構築や子育て中のママ同士による友達作りといったことが容易になります。

一方「企業に閉じた部活」は、企業内部でのワークライフバランス施策推進のための機能と、そのためのサポートを提供することです。

このプログラムについて、その特徴として、「2社の強みを活かしたプラットフォームと運営者の任命制による安定した運用」「ベネフィット・ステーション会員認証による身元保証に基づいた交流の安心感」「お得情報のレコメンド」が挙げられます。

つまり、安定的に運営されるイベントなどを身元が保証された人々で楽しむことができることに加えて、それに合わせたお得な情報がユーザーに与えられるというものです。

企業を越えた部活は、全国のエリアごとにあり、全21種類41部活が展開される予定になっています。

参考サイト

リクルートプレスリリース


2016/11/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部