病名・症状から探す

2016/11/29

子どもが呼吸困難で病院へ…気になる費用

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どもが呼吸困難で病院へ…気になる費用

子どもの身体は十分に発達していないため、肺や呼吸器の疾患や病気が原因で呼吸困難に陥ることがあります。軽度であれば自然に回復しますが、治療が必要になると入院や薬物療法で費用がかさみます。ここでは、呼吸困難で治療を受ける際にかかる費用についてご説明します。

子どもの呼吸困難を引き起こす疾患・病気

子どもが呼吸困難になった時は慌てず対処することが大切です。子どもの呼吸困難は何らかの疾患や病気が原因となるケースが多く、以下のものが良く知られています。

・熱性痙攣
生後6カ月~3歳までに初めて発症するケースが多い疾患で、38度以上の発熱が続くと発症するリスクが高くなります。嘔吐や発作、痙攣などの症状が現れます。

・喘息様気管支炎
喘息に似た症状が出る気管支炎の一種で、1~2歳の乳幼児に多く発症します。呼吸の度に「ゼー、ゼー」や「ヒュー、ヒュー」という音がし、風邪に似た症状が続いたり何度も繰り返すことがあります。

・気管支喘息
気管支に起こる慢性的な炎症が原因で発症する喘息で、発作的な呼吸困難が繰り返し起こります。喘息様気管支炎と同じく呼吸の度にゼーゼーやヒューヒューという音がしたり、風邪に似た症状が続いたりといった症状が現れます。

・クループ症候群
ウイルスや細菌の感染が原因で喉の奥に炎症を起こし、腫れて呼吸困難を起こす病気です。「ケーン、ケーン」と犬が吠えるような咳が特徴です。

・肺炎
肺にウイルスや細菌が侵入し炎症を起こす病気です。原因となるウイルスや細菌には、B群連鎖球菌や大腸菌等の腸内細菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌などがあります。発熱、咳、多呼吸などの症状が出ます。

・百日咳
流行性のある感染症の一種です。激しい咳がしつこく長く続きます。

治療費用の自己負担を抑えるために必要な出産後の手続き

呼吸困難で病院を受診した場合、原因となる疾患や病気によって治療費が変わるだけでなく、受診する病院の治療方針によっても費用が変動します。さらに重症化すると入院が必要となり費用がかさむため、自己負担額が大きくなりがちです。しかし、子どもの医療費は自己負担が抑えられる制度があり、適用されると医療費が無料になる場合があります。まずは以下の手続きが完了しているかどうか確認しましょう。

1.出生届
出産後はなるべく早く出生届を出しましょう。出生届が受理されると様々な制度の利用が可能になります。新生児は生後数日で病気にかかるケースも多いため、入院中に夫や家族に届けを出してもらいましょう。

2.医療保険の加入
出生届が完了したら、子どもを会社の健康保険や国民健康保険、社会保険など医療保険へ加入させましょう。医療保険の適用になれば、小学校入学前の子どもの医療費は自己負担額が2割になります。

3.乳幼児医療費助成制度の登録・申請
健康保険へ加入すれば、住んでいる市町村の乳幼児医療費助成制度が利用出来るようになります。多くの場合、乳幼児の医療費にかかる自己負担分が助成され無料となります。助成内容や金額、条件については各市町村によって変わります。

出産後に必要な各手続きの申請方法

出産後の手続きが完了していない場合は、医療費の自己負担額が大きくなります。治療後に申請すれば立て替えた分が返金されますが、なるべく早めに手続きを行ないましょう。手続き方法は以下の通りです。

1.出生届
出生日より生後14日以内に住んでいる市区町村に届け出を提出しましょう。提出期限までに名前が決まらなかった場合でも、名前を空欄にしたまま提出することが可能です名前が決まり次第「追完届」を提出しましょう。その場合、戸籍には名前を追記する形で記載されます。

2.医療保険
医療保険の加入は子どもの1カ月健診までに手続きを済ませましょう。会社の健康保険や共済組合などに加入する場合は、必要書類に記入し指定の窓口へ提出しましょう。国民健康保険の場合は住んでいる市町村へ届け出が必要です。

3.乳幼児医療費助成制度
乳幼児医療費助成制度は子どもが医療保険に加入し1カ月検診までの間に申請が必要です。住んでいる市町村に必要書類を確認し、指定の窓口へ提出しましょう。

医療費以外で自己負担になる費用を理解しておこう

子どもの医療費は自己負担がほぼ無料になるなど手厚いサービスが受けられる反面、差額ベッド代や入院中の食費、おむつ代など治療に付随する費用は自己負担となります。治療方針や入院期間、症状の程度によって自己負担額は変わるため、事前に病院へ確認しておきましょう。

まとめ
子どもが呼吸困難になって急に病院を受診することになった場合でも、出生後の手続きが完了していれば自己負担分をかなり抑えることが出来ます。しかし、手続きは自分で行なわないとならないため、出産直後の入院中で動けない場合は夫や家族に協力してもらいましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加