病名・症状から探す

子どもが感染しやすいマイコプラズマ肺炎に関わる費用

肺炎の中でも診断が難しく、頑固な風邪と勘違いされやすいのがマイコプラズマ肺炎です。マイコプラズマ肺炎は肺炎の中でも比較的軽症で、外来治療で完治する場合がほとんどです。今回はマイコプラズマ肺炎の費用について解説します。

マイコプラズマ肺炎とは?

細菌やウイルスが肺に感染し、炎症を起こした状態が肺炎です。子どもが起こしやすい肺炎の一つにマイコプラズマ肺炎があります。マイコプラズマ肺炎は、その名の通り肺炎マイコプラズマという細菌が原因で起こる肺炎です。

幼児から高齢者まで幅広い年代で発症しますが、特に小学生以上の子どもに頻発する傾向があります。小学生未満の子どもは肺炎になる前に症状が治まる場合が多いですが、肺炎に至る場合もあります。マイコプラズマ肺炎は一度かかっても免疫が十分にできないため、何度も感染することもあります。

一般的な肺炎の場合、気管支や肺胞にダメージを受け、ゼーゼーとした異音が聞こえます。しかしマイコプラズマ肺炎の場合は、肺胞の外側にある間質で炎症が起こるため、肺炎の特徴的な異音が聞こえない他、発熱、倦怠感を伴うので頑固な風邪と間違われることも多いです。

マイコプラズマ肺炎の診断と治療

マイコプラズマ肺炎は、治療の前の診断が非常に難しい病気です。マイコプラズマ肺炎は血液検査により判明しますが、軽い咳や熱が見られる初期段階で採血されるケースは稀で、症状が進んでから検査されることが多いです。現在では咽頭分泌物を採取し、検査することもできます。

マイコプラズマ肺炎と診断された場合は、マクロライド系の抗生物質が使用されます。マイコプラズマ肺炎の中には抗生物質が効かないケースもあり、重症化すると他の肺炎や中耳炎、肝炎、膵炎、溶血性貧血、心筋炎等を併発することもあるため注意が必要です。

マイコプラズマ肺炎の治療に関わる費用

マイコプラズマ肺炎は外来治療で治るケースがほとんどです。小学生未満の子どもの場合は乳幼児医療費助成制度を利用し、外来治療に関わる費用の助成を受けられるケースがあります。乳幼児医療費助成制度とは、中学生未満の子どもを対象にした医療費の助成制度です。

健康保険に加入しており、世帯所得が上限額未満であれば対象になります。自治体により内容が異なりますが、乳幼児の場合は外来治療に関わる費用が無料になることが多いです。乳幼児医療費助成制度を利用する場合は申請が必要です。子どもが生まれたら、出生届を出す際に役所で相談し、申請しておきましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事