病名・症状から探す

生まれたての赤ちゃんが吐血…新生児メレナの治療法

出生直後の赤ちゃんが血を吐いたり、血便を出したりすることがあります。これが新生児メレナです。新生児メレナは、赤ちゃんの栄養不足が原因で発生する場合が多いといわれています。今回は、新生児メレナの治療法について解説します。

新生児メレナとは?

出生直後の赤ちゃんに吐血、下血、血便等の症状が見られることがあります。これが新生児メレナです。新生児メレナには、仮性メレナと真性メレナがあります。仮性メレナは生まれてくる際にママの血を誤って飲んでしまい、それが吐き出されたものです。また、授乳時に乳房付近で出血が起こり、それを飲むことにより症状が現れることもあります。

仮性メレナの場合は誤飲により発生しているため特に治療は必要ありません。しかし、真性メレナの場合は赤ちゃんの消化管が出血することにより引き起こされるため、治療が必要になります。

新生児メレナの治療法

真性メレナの多くの原因はビタミンKの欠乏により起こります。ビタミンKには血を止める作用があるため、不足すると出血しやすく、血液が固まるのに時間がかかります。赤ちゃんは生まれる前、ママの胎盤を通して様々な栄養を補給していますが、ビタミンKは胎盤を通りにくいため、生まれたての赤ちゃんはビタミンKが不足しがちであると考えられています。
そのため、新生児メレナはビタミンKを補給してあげることで症状が治まるケースがほとんどです。現在では、出生直後や退院時にビタミンKが含まれるシロップを飲ませ、新生児メレナが起こらないように予防する病院も多いです。

出血量が多い場合は輸血による治療が必要な場合も

真性メレナは食道炎や出血性胃炎等、消化管に何らかの原因が生じて発生することもあります。この場合はビタミンKを補給しても出血が止まらないことがあるため、輸血が必要になります。輸血による治療では新鮮凍結血漿輸血や凝固因子の補充が行われます。

また、胃の粘膜に異常が発生している場合は胃の洗浄や制酸薬、胃の粘膜を保護する薬の服用等が必要です。短期間で異常量の出血が見られる場合は手術による治療が行われることもあります。

新生児メレナは吐血や下血があるため、ママも驚いてしまうでしょう。仮性メレナか真性メレナかどうかは病院で検査を受けなければわかりません。産後の入院中に、赤ちゃんに症状が見られたら、看護師や医師に相談してください。既に退院した後に発生した場合は、かかりつけの病院を受診しましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事