病名・症状から探す

出生直後に起こる新生児メレナの治療に関わる費用について

出生直後に起こる可能性のある病気の一つに、新生児メレナがあります。新生児メレナは吐血や下血が見られます。新生児メレナの治療に関わる費用は、条件を満たしていれば医療助成金が受けられる可能性があるようです。今回は、新生児メレナの治療に関わる費用について解説します。

出生直後に起こる新生児メレナ

生まれたての赤ちゃんは自分で十分に栄養素を生成しきれないため、ママの胎盤を通して送られた栄養素を蓄えて生まれてきます。しかし、栄養素の中には胎盤を通れないものもあります。これにより発生する病気の一つに、新生児メレナがあります。

新生児メレナは新生児に起こる吐血や下血、血便等の症状のことです。新生児メレナには出生時にママの血液を飲み込み、これを吐き出すことで発生する仮性メレナと消化器官の異常が原因で起こる真性メレナがあります。

真性メレナの原因で特に多いのは、ビタミンKの欠乏によるものです。ビタミンKは胎盤をほとんど通れないため、生まれたての赤ちゃんが不足しがちなビタミンです。ビタミンKが欠乏すると出血しやすくなったり、血が固まるまでの時間が長くかかったりします。

真性メレナがビタミンKの欠乏により発生している場合は、ビタミンKを補給することで改善します。しかし、食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸重積症等により発生している場合は、輸血や胃洗浄、制酸薬、高圧注腸等による治療が必要になります。

治療に関わる費用は助成金が受けとれる場合も

新生児メレナの治療に関わる費用は、乳幼児医療費助成制度による助成金を利用できる場合があります。乳幼児医療費助成制度は健康保険に加入し、世帯収入が一定額よりも下回っている場合に申請することができる医療制度です。申請が通ると、乳幼児の場合は外来治療と入院を伴う治療の費用が無料になります。しかし、自治体により内容が異なる場合もあるため、事前に詳しく調べておきましょう。

乳幼児医療費助成制度の手続きはできるだけ早めに

乳幼児医療費助成制度を利用するためには、自治体に申請する必要があります。申請方法が異なる場合もあるため、出生届を提出する際に役所で合わせて相談し、可能な場合は申請すると良いでしょう。新生児メレナは出生直後に発生するため、できるだけ早く申請しておく必要があります。自治体によっては健康保険の適用期間に合わせて乳幼児医療費助成制度の適用開始日をさかのぼれる場合もあるため、まずはお住いの自治体に相談してみましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事