頭血腫

産後の赤ちゃんに現れる頭血腫の原因と性質

産まれたばかりの赤ちゃんには、頭血腫と呼ばれるこぶ状に隆起したものが現れることがあります。頭血腫はなぜ発生するのでしょうか。ここでは、産後の赤ちゃんにみられる頭血腫の原因や、特徴的なポイントについて解説します。

産後の赤ちゃんに発生する頭血腫の原因

産まれたばかりの赤ちゃんは、頭にこぶのようなものがみられることがあります。これは、主に頭血腫(とうけっしゅ/ずけっしゅ)と呼ばれる症状の可能性があります。

頭血腫は、分娩時に赤ちゃんが産道を通過する際、頭に強い圧迫を受けたことが原因で発生することがほとんどです。強い圧迫を引き起こす原因として、以下のようなケースが挙げられます。

・ 母体の骨盤により圧迫されるケース
・ 赤ちゃんの頭の形が影響するケース
・ 分娩方法が影響するケース

頭血腫の原因になりやすい分娩方法として、産道を通る赤ちゃんの頭に丸い形状のカップをあて、吸引力を利用して引き出す「吸引分娩」や、産科鉗子(かんし)と呼ばれる金属製の器具で赤ちゃんの頭をはさみ、引っ張り出す「鉗子分娩」が多いです。

ただし、通常の自然分娩や帝王切開の際に何らかの圧迫を受け、頭血腫が発生するケースもあります。

小さな頭血腫は生後2?3カ月で消失しやすい

分娩時の圧迫が原因で発生することがある頭血腫は、頭蓋骨を覆っている骨膜が部分的に剥離し、その部分に血液が溜まることによりこぶのように隆起したものです。

通常、頭血腫は側頭部に発生することが多いですが、前頭部や後頭部に発生する可能性もあります。また、頭蓋骨は骨のパーツが組み合わさることで形づくられており、骨と骨のつなぎ目を超えて頭血腫が広がることはほとんどありません。そのため、頭血腫が発生する部位は通常1カ所ですが、別々の骨の上に2カ所発生することもあります。

頭血腫は、産後2?3日経過した頃にこぶが目立つようになり、触ると波動性(液体が入っている感触)があります。頭血腫は基本的に医療行為をともなう治療は行われず、小さな頭血腫の場合、生後2?3カ月で自然に体内に吸収されることが多いです。

頭血腫の血腫を吸引するために針を刺す穿刺(せんし)は、感染症や再出血を引き起こすリスクがあるため実施しません。

<まとめ>
産まれたばかりの赤ちゃんの頭にこぶのようなものが現れたら、頭血腫の可能性があります。頭血腫は、分娩時に何らかの圧迫を受けることが原因で発生するものです。主な原因として、器具を使い赤ちゃんを引っ張り出す吸引分娩や鉗子分娩が挙げられますが、通常の自然分娩や帝王切開で発生するケースもあります。小さな頭血腫であれば、生後2?3カ月で自然に消えることがほとんどです。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事