病名・症状から探す

赤ちゃんにみられる乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の原因

赤ちゃんの皮膚が湿疹などのトラブルが起こしやすいのはなぜでしょうか。ここでは、乳児期に湿疹が現れる主な原因や、代表的な乳児脂漏性湿疹について解説します。乳児湿疹と似ているアトピー性皮膚炎の特徴も参考にしてください。

赤ちゃんの肌はデリケートで湿疹ができやすい

乳児期は皮膚トラブルが起こりやすく、特に生後間もない赤ちゃんに現れる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼びます。赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、肌を守るバリア機能が未熟なため、外部からの刺激を受けやすいことが主な原因と考えられます。

代表的な乳児湿疹に「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」が挙げられます。産まれたばかりの赤ちゃんは、母体から受けたホルモンが原因で皮脂の分泌が活発になりやすく、以下のような部位に黄色いかさぶたのようなものが現れることがあります。

・ 頭部
・ 髪の生え際
・ 眉
・ 耳
・ 鼻
・ 頬

乳児脂漏性湿疹は首から上の部分に発生することが多いですが、脇の下や胸、背中に現れるケースもあります。個人差はあるものの、適切に保湿をしながら赤ちゃんの皮膚を清潔に保つようにケアすれば、乳幼児脂漏性湿疹は肌のバリア機能が発達する1才頃までに自然に治る場合がほとんどです。

アトピー性皮膚炎の明確な原因は解明されていない

一般的な乳児湿疹と症状が似ている皮膚疾患に「アトピー性皮膚炎」があります。アトピー性皮膚炎は肌が乾燥してカサカサしますが、赤い発疹や発症部位が似ているため見分けがつきにくいです。また、乳児脂漏性湿疹などの乳児湿疹からアトピー性皮膚炎に移行するケースも多く見受けられます。

日本皮膚科学会のガイドラインによると、乳児期の場合、かゆみがあり代表的な発症部位に2カ月以上にわたり慢性的に湿疹が続いている場合、アトピー性皮膚炎と診断されます。乳児期に湿疹が現れやすい発症部位は、頭・顔にはじまり、体・手足へと下降していくものとされています。

乳児期がアトピー性皮膚炎を引き起こす原因は、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎などのアレルギーを持つ家族がいることや、IgE抗体を産生しやすい体質であることが挙げられます。IgE抗体とは、アレルギーの原因物質になりやすいホコリ・ダニ・食品に対するアレルギー抗体のことです。

アトピー性皮膚炎の原因は完全に解明されていませんが、原因物質に対するアレルギーだけでなく、遺伝的な体質や生育環境などが複雑に重なり合うことにより発症すると考えられています。

<まとめ>
赤ちゃんの皮膚はとても薄く、バリア機能が発達していないことが原因で湿疹が現れやすいです。代表的な乳児湿疹に乳児脂漏性湿疹が挙げられますが、母体のホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になることが原因のひとつです。アトピー性皮膚炎の原因はアレルギー物質だけでなく、遺伝や環境的な要因が関係していると考えられています。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事